記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 革秀寺 | トップページ | もう3月な生存報告 »

2012.02.26

名札だけ取る贈与

先日の『兼見卿記』の勉強会で、贈与に関して面白い記事があったので紹介がてら書き留めておきます。


向勧修寺(晴豊)即対面、(中略)御太刀三振借用候、(中略)付札、(吉田)兼見・兼治ト候、如此参長橋局(高倉量子)、御太刀二振進上之、即御披露、被取札即御返也、(中略)参 仙洞(正親町院)、先参帥御局御太刀二振、予(兼見)・侍従(兼治)分也、付札進上之、(中略)仰云、今日ハ御徳日也、御太刀被返之由御理也、(中略)参若宮(良仁)様、中山(親綱)亭ニ御座也、御太刀一腰進上之、付札、御徳日也、今日無御返之義候由仰、
…         ―『兼見卿記』天正18年(1590)8月1日条(抜粋、括弧は引用者注)

豊臣秀吉が小田原を制圧して奥羽へ進出しようとする情勢にあって、京都では八朔のため吉田兼見は挨拶回りをしているわけですが(この日、子の兼治は関東から京都へ戻る途中)、その際昵懇にしている勧修寺晴豊をまず訪れています。そこで太刀3振を借用し、それに「兼見」「兼治」と書いた札を付けています。そして長橋局にその太刀2振を礼として進上するわけですが、贈られた長橋局は、札だけ取って太刀は返しました。その後院御所に参り、祗候している帥御局という女性にまた太刀2振を進上。これにも名前の書いた札が付けられていましたが、院は徳日(凶日)だと言う事で進物は受け取らずそのまま返しました。次に後陽成天皇の子である「若宮」良仁を尋ね(ただし本人は中山親綱の所へ出かけて不在)、これまた札の付けた太刀1腰を進上したところ、今度は徳日ということで今日は返せないと言われてしまいました。記事にはありませんが、兼見はおそらく焦ったことでしょう(笑)。

桜井英治さんの近著で、現代人から見ると実に形式的に過ぎる中世の贈与の実像が語られましたが、中世末期というか、いわゆる中近世移行期という段階にあっても、現代人から見ればまさしく極度に形式的な贈答が繰り返されていたことがわかります。
ただ、吉田兼見と武家(主に京都所司代の周辺)との遣り取りでは現金(たいていは銭)が用いられているようで、この記事ほど形式的な様子はあまり見えません。むしろ公家社会の中でこのような特異な風習が織豊期においても維持されていたと言えるのかもしれません。

この時期においては、公家社会での贈与に特徴的な風習と仮定するならば、一般に言われる16世紀の困窮した公家社会の中で、それでも年頭・八朔・歳暮の儀礼を維持する場合に、なるべく個々の経済的負担を小さくする方策として自然と継承されてきた自己防衛のシステムと言えるのかもしれません。

ただまあ、記事をざっと見てもこういう形式的な贈与事例はそれほど多いわけでもないので、どこまで一般的だったかはわかりません。ただし、贈られてすぐにそれを返すという事例が結構認められますが、その解釈には注意を要することを示しているでしょう。すなわちすぐに返すという行為は、贈られた側がその内容に不満を示したものとして理解されることも多いわけですが、実はそうではない可能性(贈与という行為そのものを確認できればよく、品物を受領する必要はないと考えている可能性)もあるように思えます。この点は注意深く記事を検討する必要がありそうです。
もちろん記事のような儀礼に対して、果たして“形式的”という価値判断をして良いかどうかも考える必要があるわけですが、ここではそれについて立ち入らないでおきます。

« 革秀寺 | トップページ | もう3月な生存報告 »

コメント

「徳日だから進物を受け取れない」という考え方と「徳日だから受け取った進物を返せない」という考え方が併存しているところが面白いですね。

>御座候さん
徳日にまつわる習俗って、わかるようでよくわかってないですね。専門の研究ってあるんでしょうかねえ。

初めまして。

一素人目線ですが、神田裕理氏の『戦国・織豊期の朝廷と公家社会』を拝見したとき、信長の登場以降贈答の内容が変化したような印象を受けました。

>滝野川さん
書き込みありがとうございます。
具体的には、どの点が変化したように見受けられますでしょうか。

先ず義輝からの献上品は1月のきつちゃうたまと美物、7月花と灯篭、8月馬・太刀・初雁・初鮭という具合に毎年決まっており、逆に天皇からの返礼も5月に薬玉、8月太刀・はく十帖・かうはこ、10月玄猪となっているようで、義昭(は10月の御けんてうが多い)の頃まで贈答の時期と品が事務的に処理されていると感じました。

しかし信長となると永禄10年11月9日の「紅杉」を皮切りに、酒や太刀など時期も品物も脈絡無く往復しているようです。

神田氏の論考の中で
「信長による献上品は、食料品がその多くを占めたが、室町将軍すなわち義輝・義栄・義昭の献上行為での例には少ない。将軍からの献上品は、年中行事等の儀礼にちなんだものが多く見られる。信長が食料品の献上を行った意図は何であったのであろうか。その理由として、基本的には生活必需品であることが挙げられる。前述のように、元来、朝廷を経済面で支える義務は室町幕府に課せられていた。しかし、元亀4年7月18日、幕府は事実上、滅亡した。信長は食料品を献上することによって、朝廷の生活を潤したのである。これは、幕府が課せられていた義務を遂行することにより、幕府の代替者となったことを示している。」

信長時代から儀礼的な品が姿を消すのは何故なのか分かりませんが、武家と天皇の間に何か変化があったのではないかと推測しました。

・・・長文大変失礼致しました。

>滝野川さん
なるほど。ご教示ありがとうございます。
確かに幕府に比べると、信長の天皇に対する献上の頻度は桁違いに多いようですね。これを「尊皇」と安易に評価するのはためらわれますが、信長にいかなる思惑があったかは気になるところですね。父の織田信秀も頻繁に朝廷に贈答していたとも言われますから、なにかしら通底する戦略なりがあるのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/54080902

この記事へのトラックバック一覧です: 名札だけ取る贈与:

« 革秀寺 | トップページ | もう3月な生存報告 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon

最近のトラックバック