記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012.04.30

【受贈】『織豊政権と東国社会』

竹井英文『織豊政権と東国社会―「惣無事令」を越えて』(吉川弘文館、2012年)受贈。ありがとうございます。直接の後輩が出した初めての著書ということになるのかな。学界においても、飛ぶ鳥を落とす勢いの若手として知名度も高まってきました(おそらく私よりは(笑))。

それもこれも、研究内容がセンセーショナルな点に尽きます。極めて明快で、これまで戦国・織豊期研究をリードしてきた藤木久志氏による「惣無事令」論を正面から批判した内容であることです。むろんこれまでも藤木説批判はありましたし、最近では別の研究者によっても同じ問題関心からの研究も多いわけですが、本書は「惣無事令」の主な舞台であった関東の政治情勢を精緻に分析した研究としてとりわけ注目を集めていると評価できるでしょう。

これは周知の事実ですが、戦国期の文書は無年号のものが多く、比較的著名な歴史的事件そのものについても、実際には根拠となる文書の年代比定をめぐって頻繁に議論が繰り返されており、時には通説が否定されることもあります。「惣無事令」の問題については、大元の根拠として位置づけられた文書の年代比定を再検討した結果、通説とは異なる年のものであったという考察によって議論が交わされるようになりました。もちろん依然として通説を支持する研究者もおりますし、本書の出版によって論争の終結を意味するわけではありませんが、現状の到達点を知るため、あるいは今後の議論のゆくえを思い描くためにも、重要な成果として位置づけられることでしょう。

ともあれ、内容についてはしかるべき方による書評が出ると思いますのでそれを待ちたいと思いますが、今後は前々から「課題」となっている(笑)西国の分析にも積極的に乗り出していってもらいたいなと勝手に期待しておきます。
また、こちらはサイドビジネスで、城郭研究が本業ではないかと時々からかったりしているのですが(笑)、今度はそちらで著書がまとめられることでしょう。なお、著者のブログは城巡りの参考になりますので、そちらもご覧下さい。

4642029087織豊政権と東国社会: 「惣無事令」論を越えて
竹井 英文
吉川弘文館 2012-04-16

by G-Tools

2012.04.25

千葉関係の企画展巡見

少し前になりますが、千葉県内で開催されている中世に関係する企画展二つを見に行ってきました。

まずはお馴染み佐倉の歴博。「洛中洛外図屏風と風俗画」と題して、戦国期から近世にかけての京都を描いた絵図や屏風が数多く展示されていました。中でも私の一番のお目当てが、「歴博甲本」と呼ばれる洛中洛外図屏風。洛中洛外図屏風では、米沢にある「上杉本」が最も精緻で有名ですが、歴博にあるこの屏風もまた戦国期の京都を描いたものとして勝るとも劣らない価値を有するものとして知られています。記憶が定かではないのですが、私は多分歴博甲本の実物を見るのは初めてで、照明が若干暗いので細部は見えづらいところもありましたが、じっくり堪能してきました。ついでに、ミュージアムショップで売っていた縮小版の写真も購入。

Sakurajo_42その後、歴博のある佐倉城跡を散策。花見シーズンぎりぎりというか、かなり散っていましたが、花見で来ている人もまだたくさんいました。


そしてもう一つが、館山市立博物館の分館で開催されている「中世の安房と鎌倉」です。間には海があるものの、中世において鎌倉と安房とは文化的な結びつきが強いことを示す展示がされていました。安房には称名寺や円覚寺などの所領もあることから関連史料がいくつか遺っていることや、特に目を引くのが、安房には「やぐら」が多く確認されるという特徴を持っていることが示されていて興味深かったです。

Oyamasenmaida_3Oyamasenmaida_6一泊して、翌日には里見氏の城跡・稲村城跡や館山の「やぐら」をいくつか見てまわり、帰りには大山千枚田(千葉県鴨川市)という、房総にある立派な棚田を見学(写真参照)。終盤まで体調が悪く(二日酔いです…)同行した方々にご迷惑をおかけしましたが、二日間いい勉強になりました。
実は、当日は里見氏城跡が国史跡に指定されたことを記念してのシンポジウムが館山で開催されていたのですが、申込締切に間に合わず私は参加を見送りました。

千葉へ来て一年が過ぎましたが、元々土地勘もなく、いまだにまだまだわからないことが多いですので、徐々に地元の歴史を勉強していきたいと思います。

2012.04.22

江馬氏館跡

Emayakata_17Emayakata_46神岡の中心部に道の駅「スカイドーム神岡」という所がありますが、そこから歩いてすぐの所にある江馬氏館跡です。国史跡。飛騨のちょっとした観光スポットにもなりつつある所と言えましょうか。もっとも、研究者の間でだけ有名なのかもしれませんが(笑)。

中世領主の江馬氏が築いた城館跡として1970年代後半に発掘され、良好な残存状況や、周囲の山城群の配置も明瞭であることから、中世領主の様相がわかる貴重な遺跡として1980年に国史跡に指定されました。以後、2000年に整備されて見学できるようになっています。

江馬(えま)氏は、その出自には諸説ありますが、平氏流で鎌倉幕府執権となった北条氏の一族と言われています。ただ、北条義時が江馬小四郎という異称を持つことから、それにちなんでそのように言われた可能性が高いと考えられているようです。
いずれにせよ鎌倉期の動向は不明で、室町期になると活動の様子が見られるようになります。14世紀末にはこの地域の在地領主として史料に現れます。延徳元年(1489)に万里集九が高原諏訪城の江馬氏を訪れて饗応を受けたことが『梅花無尽蔵』に記されており、それがこの場所だったと考えられます。

16世紀になると同じ飛騨の領主である三木(みつき)氏(姉小路氏)と争い、また勢力を伸ばす武田氏とも関係を築きましたが、天正10年(1582)に江馬輝盛が姉小路自綱に敗れて没落しました。

Emayakata_12Emayakata_22というわけで、建物の一部や堀・塀が復元整備されており、とてもイメージがしやすくなっています。ただ、堀がやや浅い気も…。防御用というよりは、権威の象徴としての機能を持ったのではないかという説明があったように記憶しています(正確さには自信がありませんが…)。

Emayakata_6Emayakata_5左写真は、塀の断面を復元したもの。どうやら当初は中に土がびっしり詰まっていたようですが、今は少し空間が出来ていますね。そして、右写真が背後に聳える高原諏訪城跡。有事の時にはここに籠もることになっていたのでしょう。今回は時間がなくて登らず(詳しくはこちら参照)。

Emayakata_7Emayakata_31左写真は、館の脇の堀を復元したもの。ここも浅いです。
右写真は、庭園跡。万里集九も眺めたのでしょうか。近世以降は水田になっていたそうですが、大きな五つの石は地表に出ていたようで、当時から「五ヶ石」と呼ばれていたそうです。また、江馬氏の館の庭石という伝承も元々あったらしい。

Emayakata_40Emayakata_41復元された「会所」の建物の内部。一角には、発掘されたかわらけなどの遺物も展示されています。

交通の便からするとなかなか訪問が難しい所にありますが、飛騨の名所としてより多くの観光客が訪れることを期待します。

■岐阜県飛騨市(旧神岡町)

2012.04.19

【受贈】『野口英世の親友・堀市郎とその父櫟山』

西島太郎『野口英世の親友・堀市郎とその父櫟山―旧松江藩士の明治・大正時代―』(山陰文化ライブラリー2、ハーベスト出版、2012年)受贈。ありがとうございます。

堀櫟山(れきざん)という人は松江出身の人で、島根県初の和洋画学校を開いたそうです。また、その子である市郎は野口英世と親交のあった写真家で、地元でもあまり有名とはいえないようですが、その事績に注目した伝記です。

私は土地勘もなく、時代的にもあまり詳しくはないのですが、多くの関連史料を読み解きながら極めて実証的に叙述されており、その方法論については勉強になります。また、当時撮影された写真なども多く掲載されていて、近代の写真をあまり見る機会がないだけに、興味深く拝見しました。

地域の歴史を掘り起こす作業は、地道な部分もありますが、その地域の人たちにとっては最も身近な歴史でもあることは私が言うまでもないところでしょう。今後もさらなる成果が出されるよう、ご活躍をお祈りします。

…私も、地に着いた仕事をしたいものですが。

2012.04.10

神岡城跡

Kamiokajo_18Kamiokajo_1さて、ここからは去年の秋口に行った飛騨(本来は「驒」ですが、機種依存文字なので「騨」を使用します)の史跡シリーズです。

はじめは神岡城跡。永禄7年(1564)に、この地域の領主だった江馬時盛が築城したとされています。背景には越中への進出を目指す武田信玄の影響があるとされていますが、はっきりとしたことは不明。以前から江馬氏が築いていた城館を、武田氏重臣の山県昌景が飛騨へ新出した折に改修させたという説もあるようです。

近くにある高原諏訪城の支城として築かれたと考えられています。後に飛騨の領主となった金森長近が城代を派遣して支配しましたが、一国一城令によって廃城となりました。

Kamiokajo_7Kamiokajo_8どこまでが遺構なのかわかりにくいところもありますが、城というより館跡といった方がイメージできそうな城跡でした。地形としては断崖上に位置しており、今城跡として遺っている部分は城郭全体では一部で、中枢部分に当たるという風にも考えられるのでしょうか。中心部分には模造天守が今はあります。

Kamiokajo_4Kamiokajo_6また、敷地内には左写真の鉱山資料館があります。神岡は鉱山の町だったことでよく知られていますが、その歴史を知ることができます(私は入ってないけど)。
右写真は旧松葉家住宅。別の所から移築したもの。明治元年(1868)築だそうですが、その後修理されているようです。

Kamiokajo_12城跡から見た町並み。城は町場からはだいぶ高い所にあったことがわかります。ただ、今は城跡の周辺にも住宅が建ち並んでいて、町並みに飲み込まれたような印象でした。

■岐阜県飛騨市(旧神岡町)

2012.04.07

2012年度はじまる

授業は来週からだけど、既に校務モード。今日は新入生の歓迎イベントでマザー牧場に行ってきました。
天気は良かったけど、寒さが身にこたえた…。

一見した限りでは、新入生は総じてだいぶ大人しそう。今年度は一年のゼミ(基礎ゼミ)を担当するので、どんな学生が入ってくるか興味半分、不安半分だったが、なるべく素直な学生たちであることを祈るばかりです(笑)。


本業の方では、とある書評の依頼を一件引き受ける。いろいろと話題を醸した大著で、私には荷が重い気がして引き受けるかどうかかなり悩んだのだが、自分の勉強にもなると思い、思い切って引き受けた次第。あとは締切までに間に合うかどうかだが…。結構締切が近いんだよなあ。

ともかくも、またしばらくは授業準備に追われる日々になりそうです(笑)。

2012.04.02

成田山 新勝寺

Narita_5ご存じ成田山新勝寺。近世は大覚寺の末寺だったようですが、今は真言宗智山派別格本山となっている寺院です。正式には神護新勝寺と言い、本尊は木造不動明王(重要文化財)。成田不動の異称もあります。

縁起によると、天慶3年(940)開創。平将門の乱を鎮めるために寛朝僧正が勅命で関東へ下り将門調伏の祈祷を行ったところ、将門追討が果たされ、それを功験として公津ヶ原(現成田市)に開かれたとされています。降って永禄9年(1566)に現在地へ遷り、近世には佐倉藩主のほか徳川綱吉生母の桂昌院の信仰を得て、関東有数の寺院となっていきました。

そして新勝寺と深く関わるのは市川団十郎ですね。初代以来成田不動を信仰し、屋号も「成田屋」としたことは有名です。

Narita_6Narita_19今も広大な境内を有し、参拝客の絶えない千葉県有数の観光地なだけあって、多少は俗化した雰囲気を感じなくもないですが、伽藍には古くから今に遺るものもあります。
左写真の奥にある仁王門(重要文化財)は、天保元年(1830)築。八脚門としてはほかに類例のない様式だそうです。
右写真は弁財天堂。近世初期のものとされ、現存する新勝寺の建物では最も古いものです。

Narita_11Narita_13左写真が本堂。戦後に建てられたものです。その裏側には元禄期に建てられた本堂である光明堂(重要文化財)や、文久元年(1861)築の額堂(重要文化財)がありますが、こちらは時間の都合もあって見落としました…。
右写真は三重塔(重要文化財)。正徳2年(1712)築です。

Narita_16Narita_1左写真は、釈迦堂(重要文化財)。こちらは幕末の安政年間に本堂として建てられたものです。

右写真は参道の風景。鰻屋が多いことで有名で、私も鰻を堪能。初詣や節分の時はごった返すんでしょうね。

■千葉県成田市

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon

最近のトラックバック