記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 今夏最後の遠征 | トップページ | 北口本宮富士浅間神社 »

2012.09.15

『戦国・織豊期の西国社会』刊行につき

私も寄稿しました論文集が下記の内容で刊行されます。
一般の流通ベースには乗らないので、宣伝がてらお知らせすることにしました。
詳細は刊行元の日本史史料研究会にお問い合わせください。(この記事を書いている時点では、まだ同会HPには本書の案内はないようですが。)

私の原稿は、近年取りかかっている中近世移行期の記録類を悉皆調査している成果の一部です。
私のはともかく、ほかの気鋭のみさんの論文があまた掲載されているので(たぶん今回も電話帳のような厚さなのでしょう)、よかったら手に取ってみて下さい。

それにしても、コピーもできない厚さなので、抜き刷りどうしようかなあ。


日本史史料研究会論文集2
戦国・織豊期の西国社会(2012年10月10日刊行予定)
天野忠幸 片山正彦 古野貢 渡邊大門 編
(A5版 1166頁 本体4800円+送料450円=5250円)
32名で論じる戦国・織豊期の西国社会

第1部 足利将軍権力の実像
1戦国期の大名邸御成と在京大名(浜口誠至) 2足利義材の流浪と西国の地域権力(山田貴司) 3戦国時代の足利将軍に関する諸問題(山田康弘) 4永禄の政変以降における足利義栄と将軍直臣団(木下昌規) 5大和晴完とその故実について(木下聡) 6戦国末期の室町将軍と朝廷―禁裏大工職相論を中心に―(神田裕理)

第2部 畿内政治史の展開
7摂津国上郡における守護代薬師寺氏―戦国前期の拠点・国人と守護をめぐって―(中西裕樹) 8地域社会における室町幕府―守護体制とその変質について―細川京兆家分国讃岐国を素材に―(古野貢) 9細川晴国小考(岡田謙一) 10細川晴国・氏綱の出自と関係―「長府細川系図」の史料批判を兼ねて―(馬部隆弘) 11松永久秀家臣団の形成(天野忠幸)

第3部 西国地域史の様相
12室町期島津氏「家中」の成立と崩壊―南九州における戦国的状況の出現過程―(新名一仁) 13戦国期近江における国人領主の展開―永原氏を中心に―(新谷和之) 14尼子氏による出雲国支配機構の遷移(戸谷穂高) 15天文・永禄年間における赤松氏の権力構造―晴政・義祐期を中心にして―(渡邊大門) 16毛利分国の諸領主層について(村井良介)

第4部 豊臣期の政治動向
17羽柴秀勝の丹波支配について(片山正彦) 18羽柴秀保と豊臣政権―朝鮮出兵と大和支配の事例を中心に―(北堀光信) 19豊臣期の摂関家と武家(水野智之) 20豊臣政権下における筑後国人領主と在地支配―小早川秀包領国を中心に―(光成準治) 21『御湯殿上日記』と秀次事件―「むしちゆへ」「御はらきらせられ候」―(矢部健太郎)

第5部 戦国・織豊期の社会・経済・宗教
22在地徳政論再考―伊勢・近江を中心に―(呉座勇一) 23戦国期大坂本願寺教団体制の地域的実態―西国の場合―(安藤弥) 24天正四年興福寺別当職相論と織田信長(金子拓) 25戦国織豊期の九州北部の村落連合と村落構造―筑前早良郡五ヶ村―(廣田浩治) 26銀貨普及期京都における貨幣使用―『鹿苑日録』の分析を中心に―(川戸貴史) 27大徳寺正受院文書の復元的研究(杉山巖)

第6部 徳川権力の展開
28松平家忠上洛する―「家忠日記」文禄三年の欠損記事の復元―(大嶌聖子) 29肥前名護屋における徳川家康(平野明夫) 30浪人長宗我部盛親と旧臣(平井上総) 31大坂夏の陣における遭遇戦の実態―八尾・若江の戦いにおける津藩藤堂家を例に―(長屋隆幸) 32十七世紀初頭における大阪湾の海上軍事―小浜光隆の動向を中心として―(小川雄)

〔追記〕論文タイトルを一部修正しました。

« 今夏最後の遠征 | トップページ | 北口本宮富士浅間神社 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/55666777

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦国・織豊期の西国社会』刊行につき:

« 今夏最後の遠征 | トップページ | 北口本宮富士浅間神社 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon

最近のトラックバック