記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 北口本宮富士浅間神社 | トップページ | 【受贈】『東国の戦国争乱と織豊権力』 »

2012.09.24

竹生島

Sugaurachikubushima_59春先に行った竹生島。菅浦から船で渡りました。琵琶湖北部にある小さな島ですが、古来信仰の対象となってきました。国史跡・名勝に指定されています。

Sugaurachikubushima_18Sugaurachikubushima_19島に鎮座する竹生島神社。かつては都久夫須麻(つくぶすま)神社呼ばれ、竹生島明神とも称される神社で、島全体が境内地となっています。
菅浦の須賀神社に伝わる、乾元元年(1302)のものとされる菅浦と竹生島を描いた絵図に描かれたのが、現存する最も古い姿だとされています。左写真にある五輪塔はこの絵図にも描かれており、代替わりしていなければ鎌倉時代からあったということになります。

Sugaurachikubushima_33Sugaurachikubushima_37こちらは本殿(国宝)。伏見城の遺構として有名なもので、豊臣秀頼によって寄進されました。内部は狩野永徳・光信によって黄金に装飾されています(見られませんでしたが)。

Sugaurachikubushima_46Sugaurachikubushima_47そしてこちらは、宝厳寺唐門(国宝)。元は豊国廟の正門だったとされ、徳川家康によって寄進されました。宝厳寺(ほうごんじ)は都久夫須麻神社の神宮寺でしたが、神仏分離令によって別々になりました。当初は廃寺になる予定だったものの、地元の反対で残ったそうです。唐門の奥にある観音堂(重要文化財)も、伏見城から移されたと言われています。

Sugaurachikubushima_44Sugaurachikubushima_42左写真がその観音堂。アングルが近すぎて何が何やらですが(笑)。右写真が、神社と観音堂を繋ぐ渡廊(重要文化財)。秀吉が使用した船を用材にしたという伝承があるそうです。

Sugaurachikubushima_49Sugaurachikubushima_51左写真は本堂。右写真は、本堂の手前にある石造五重塔(重要文化財)。鎌倉時代のもので、比叡山で取れる「小松石」で造られたものだそうです。中世の竹生島は比叡山との関係が深かったことから、その縁によるものでしょうか。

なお、さらに上には三重塔があり、その傍らにある宝物殿で中世のものを多く含む「竹生島文書」などの文化財を見学することができます(有料)。

〔2012.10.4追記〕
宝厳寺唐門の記述につき、一部修正しました。ご指摘くださった灰屋さんありがとうございました。

■滋賀県長浜市(旧びわ町)

« 北口本宮富士浅間神社 | トップページ | 【受贈】『東国の戦国争乱と織豊権力』 »

コメント

折に触れ、拝見しています。いつも、勉強になります。

竹生島まで行かれたのですね。小さな島ですが、貴重なものが豊富なところですね。

なお、ご存じの上でかと思いますが、唐門は、もともと京都の豊国神社の極楽門を家康が移したもので、さらにそのもとは大坂城の極楽橋となっています。

神社やお寺では伏見城からとなっていますが、歴史上、かなり貴重なものかと思います。

素人にもかかわらず、えらそうなことを申し上げ、申し訳ありません。おゆるしください。

>灰屋さん
コメントありがとうございます。
また、ご教示ありがとうございます。確認したところ、ご指摘の通り慶長7年(1602)に家康の寄進によって豊国社から移したのが事実のようですね。折を見て記事を修正いたします。
結構いい加減なものでして(笑)、誤りが多々あろうかと思います。今後ともご指摘いただけますと助かります。宜しくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/55738238

この記事へのトラックバック一覧です: 竹生島:

« 北口本宮富士浅間神社 | トップページ | 【受贈】『東国の戦国争乱と織豊権力』 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon

最近のトラックバック