記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012.10.26

中山法華経寺

Nakayamahokekyoji_2_2Nakayamahokekyoji_7時期は前後しますが、先日行った中山法華経寺(ほけきょうじ)です。

日蓮の信者だった富木(とき)常忍(日常)が永仁年間(13世紀末)に自らの屋敷を寺院としたことに始まります。当初は法華寺という名称で、2代目の日高の代に、隣接する本妙寺と合体しました。法華経寺という寺名は降って戦国期頃から呼ばれるようになったとされています。現在の境内は、主に本妙寺の敷地だった所のようです。

南北朝期頃からこの地域の有力領主であった千葉氏の氏寺となり、当地の有力寺院として影響力を高めたようです。多くの中世文書を所蔵しており、それらは東国の地域社会の実像を把握する上で貴重な史料として知られています。
なお、法華経寺やその門流(中山門流)の詳しい歴史については、湯浅治久『戦国仏教―中世社会と日蓮宗』(中公新書1983、2009年)が詳しいです。(…と、丸投げ(笑))


左写真は山門、右写真は五重塔(重要文化財)。元和8年(1622)築。本阿弥光室が両親を弔うために建立したものとされ、建立の際には加賀藩主の前田利光(利常)の援助を受けたと伝わっています。

Nakayamahokekyoji_9Nakayamahokekyoji_30そしてこちらが祖師堂(重要文化財)。元禄15年(1702)築。

Nakayamahokekyoji_15Nakayamahokekyoji_12左写真は、祖師堂の裏側にある四足門(重要文化財)。こちらは室町後期のものとされています。元々鎌倉にあったものを移築したと伝わっているそうです。禅宗様の様式で建てられたものです。

右写真が、その奥にある本堂の法華堂(重要文化財)。こちらも室町後期のものとされており、元々は今の祖師堂の建つ場所にあったそうですが、祖師堂が建てられると今の場所に移されました。扁額は本阿弥光悦が書いたものとされています。こちらは禅宗様と和様の折衷。

Nakayamahokekyoji_24Nakayamahokekyoji_29墓地にある本阿弥家墓所とされるお堂の傍らに、左写真の宝篋院塔があります。銘は寛永元年(1624)で、「日侃」の銘も確認できました。日侃といえば、千葉氏出身で保田妙本寺(現千葉県鋸南町)に住した人が知られていますが、この人の没年は慶長6年(1601)とのことで、年代がややずれています。後世の供養塔と見るべきか、あるいは同名の別人か。([追記]宝篋院塔には「頂妙寺」の刻銘もあることや、門流の違いから、保田妙本寺の日侃である可能性は低いようです。京都の頂妙寺から派遣された別人である可能性が高そうです。ちなみに、徳川家康が関東転封後に安土宗論にも参加した日珖を住持として招いています。)

右写真は祖師堂の脇にある無縁仏の中心に、ぽつんとあった板碑(らしきもの)。周辺には宝篋院塔や五輪塔もありますが、どうでしょう、中世まで遡れそうでしょうか。

■千葉県市川市

2012.10.22

【受贈】『頼朝の武士団』

日本史研大会の際に、細川重男『頼朝の武士団―将軍・御家人たちと本拠地・鎌倉』(歴史新書y31、洋泉社、2012年)受贈。ありがとうございます。

タイトルだけだと鎌倉幕府の組織論とか、いわゆる「御恩と奉公」とか、わりとお堅い話が中心なのかというイメージになりますが、さすがの“細川節”というか、史料解釈を堅苦しいものではなく人間らしい言い回しにアレンジしていて、むしろ頼朝や周辺の武士たちの人間味が伝わってきて面白いです。

といっても単に砕けた話で終始しているのではなく、近年の鎌倉幕府に関する研究成果が踏まえられており、入門書として十分な読み応えがあるのではないかと思います。

本書の冒頭で、一般に頼朝といえば暗くて陰険という印象が一般的だと指摘していますが(私も実はそういうイメージだった)、実は果たして実の本人はそういう性格だったのだろうか、という問いかけから始まります。そして本書を読み進めていった結果、頼朝=ネクラというイメージが変わるかも? 興味のある方は手に取ってみて下さい。

4862489508頼朝の武士団 ~将軍・御家人たちと本拠地・鎌倉 (歴史新書y)
細川 重男
洋泉社 2012-08-04

by G-Tools

2012.10.16

日本史研究会大会2012と「ムラの戸籍簿」研究会

今年も、日本史研究会大会に出席しました。
日曜の共同研究報告は、私は門外漢でしたが内容はわかりやすく興味深かったです。大枠での国家論は華やかですが、その下での細々とした制度がどのように時代の変化に対応しているかというのは、わかっているようでわかっていなかったことも多いんだなあと気付かされました。
ただ、これは報告の性格上仕方が無いとは思うのですが、制度論に議論が集中していて、実態面(運用面)ではそのままうまく機能したんだろうかという疑問も感じました。この点は、今後いろんな研究者の間で議論を重ねることによって、詰められていくのでしょう。

そして、月曜は「ムラの戸籍簿」研究会のシンポジウムに出席。こちらは初めて行ったのですが、「郷」「村」などの検出記事を悉皆調査で網羅しようという壮大な計画に取り組む姿勢は、素直にすごいなと思いました。
ただ、私もうっかり発言してしまったのですが、その分析手法については、まだいろんな可能性が模索されている段階なのかな、と感じました。もっともそのような将来性を感じる作業だからこそやり甲斐もあって、こういった地道な活動の推進力にもなっているのかなとも思います。着実な成果の進展を期待します。

これからもしばらくは研究会・学会が続きますが、個人的には、しばらくは校務・授業モードといったところか…。

2012.10.09

佐倉城跡

Sakurajo_20_2Sakurajo_6_2歴博のある佐倉城跡。今年の花見の季節に行ってきました。

起源は戦国期に遡ると言われています。この地域を支配していた千葉氏は本佐倉城(現千葉県酒々井町)を本拠としていましたが、天文年間(16世紀前半)に一族の鹿島幹胤が築城を開始。しかし鹿島幹胤が死去したため未完成となったそうです。天正年間(16世紀後半)に千葉邦胤が再び整備に乗り出すものの、邦胤は暗殺され、また千葉氏が後北条氏とともに滅亡すると、またしばらく放置されたようです。

慶長15年(1610)になると、幕府重臣の土井利勝が入部し、近世城郭として整備されました。その後譜代大名が入れ替わり、最後は堀田氏が10万石(後11万石)の大名として入り、幕末を迎えました。幕末の老中として有名な堀田正睦(まさよし)は佐倉藩主でした。
というわけで、城内には堀田正睦像があります(左写真)。向かい合ってハリスの銅像もありました(笑)。

右写真は、歴博の横にある馬出し空堀。三の丸と二の丸の間に設置されたもので、近年復元されたものです。

Sakurajo_26Sakurajo_29二の丸の辺り。周囲は土塁が囲っており、二の丸の周囲は深い空堀が遺っています。ただ、藪だらけで写真を撮ってもさっぱりだったので(笑)、掲載は見送りました。

Sakurajo_33Sakurajo_51二の丸の奥に置かれた礎石。近世に遡るもののようです。ただ後世に並べられたもので、どこに元々あってどの建物に使用されたものかは明確ではないようです。

右写真が本丸。ここも周囲を土塁が囲っています。今は土塁に沿って桜が植えられており、花見の名所になっています。天守台とされる一角もありましたが、痕跡はよくわかりませんでした。

Sakurajo_2Sakurajo_57城の外郭は今も堀が遺っています。今は面影がありませんが、元々はさらに川や潟(海?)が囲っており、麓に船着きもあったと思われるなど、天然の要害といった造りだったと思われます。今は干拓などであまり雰囲気を窺うことはできませんが…。

なお、近代になると知られた通り陸軍の拠点として利用されており、それにまつわる遺構も見られます。

■千葉県佐倉市

2012.10.04

【受贈】『東国の戦国争乱と織豊権力』

池享『動乱の東国史7・東国の戦国争乱と織豊権力』(吉川弘文館、2012年)受贈。ありがとうございます。

タイトルにある通り、戦国(時期的には後期ともいえる16世紀半ば以降)から織豊期にかけての東国の歴史を概説したものです。この分野は各地を対象として非常に多くの研究者が緻密な研究を蓄積しており、それをフォローすることだけでもなかなか大変な状況となっています。概説と簡単に言っても、それらを整理して平易に述べることは容易なことでないと想像されます。
それが今回コンパクトな形で一冊になったことは、初学者のみならず、研究者においてもちょっとした参考書としてとても有用ではないかと思います。もっとも、同じ吉川弘文館からは少し前に市村高男『戦争の日本史10・東国の戦国合戦』が刊行されており、私自身とても重宝しています。両者の内容について比較検討すれば、いろいろと論点が浮かび上がってくるのかもしれません。

この「東国」という地域区分の捉え方をすること自体が、日本の歴史を考える上でどのような意味を持つのか。本書でも網野善彦さんが頻りに発言していた「東と西」という著名なテーゼが引かれていますが、網野さん亡き後はやや議論が沈静化してしまった感もあります。改めて、日本列島における社会の地域的多様性について考えるためにも、シリーズを通読すればなんらかの示唆が得られるものと期待します。

464206446X東国の戦国争乱と織豊権力 (動乱の東国史)
池 享
吉川弘文館 2012-09-27

by G-Tools

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon

最近のトラックバック