記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 稲村城跡 | トップページ | 北限の中世遺跡を求めて函館へ »

2012.11.21

漫画の監修という仕事

久々のリニューアルとして先日刊行された『学研まんがNEW日本の歴史』のうち、戦国時代に当たる第6巻の監修をいたしました。東京学芸大のOさん(お名前が下に出ていますが(笑))を中心とする時代考証学会が全体として引き受けたようで、私は当学会の関係者ではないのですが、知人に関係者がいる関係から話が回ってきました。

もちろんこのような仕事は初めてで、貴重な経験となりました。かつて一般誌に原稿を書いたことはありますが、それも歴史ファン向けですから内容も比較的専門に近いレベルになる一方、こちらは主に小学生向けとなるシリーズなので、どこまで踏み込めるかを判断するのは、経験が浅い分色々と迷ったところもありました。

といっても、私が一からストーリーの検証をしたわけではもちろんなくて、無事刊行に至ったのは、編集に携わったほかの皆さんのご尽力あってのことです。ですので私からはそれほど多く注文をしたわけでもなかったです。むしろ、思わぬ質問をされて必死になって調べることが多かったですね。例えば衣服とか、座敷とか、寝床とか…、なるほど、絵にするならばこういう所の厳密な考証が重要なんだなあと勉強になりました。

実は、私自身の幼少の頃のイメージだと、小学館に比べて学研は内容が難しいという印象がありました。今回もめくってみると、ほかの出版社に比べてやはり結構高度な内容かなあという気がしました。ただ、逆に言えば小学校高学年から中学生くらいまで広く手にとって貰うことができる、ということでもあるんでしょうかね。

それにしても、結構進行が早くてびっくりしました。この話を最初に受けたのは確か今年の年初だったと思いますが、もう刊行されるとは。論文集等々のスケジュールとは全然スピードが違いますね(笑)。いやもちろん書くことの難しさは私も重々承知しておりますが。

4058112514【初回限定2大特典付き】学研まんが NEW日本の歴史 全12巻
大石 学
学研マーケティング 2012-11-14

by G-Tools

« 稲村城跡 | トップページ | 北限の中世遺跡を求めて函館へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/56161317

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画の監修という仕事:

« 稲村城跡 | トップページ | 北限の中世遺跡を求めて函館へ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック