記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 小丸山城跡・長齢寺 | トップページ | 七尾城跡 »

2013.03.31

「東ユーラシアの出土銭」コメント

いよいよ年度末。論文が出せなかった昨年度に比べれば、今年度は2本出すことができたので(実は昨年度に書いたものですが)、まずまずとしたいと思います。

といっても、これで満足しているようでは…。もちろん、数を出せばいいというわけではないですが、そんなことを言っているとすぐに怠けてしまうので、来年度は少し自らに鞭打って頑張りたいと思います(毎年言っている気もするが)。

既に脱稿済みの原稿のほかにも、幸いにも構想中のネタがいくつかあるので、それを着実に仕上げていきたいと思います。まだ調べないといけないことや考えないといけないことがあるので、粗製濫造とならないよう、焦らずに…。

さて、先日は新潟大学の講演会「東ユーラシアの出土銭」において、「永楽銭からみた東ユーラシア」と題したコメントをしてきました。私のコメントは、タイトルは壮大ですが中身はもろにドメスティックな日本史の内容で、なんともお恥ずかしい限りです。
三宅俊彦さんの講演は、中国を中心とした東ユーラシア(東アジア+東南アジア)で発掘された一括出土銭(一括して大量に出土した銭)の発掘情報を網羅して分析したもので、特に最近判明した東南アジアでの発掘状況などを知ることができて、とても勉強になりました。最近「内向き」な私も大いに刺戟を受けました。

コメントについては、中国ではなぜか永楽通宝の出土例が稀であるという点について、日本における永楽通宝の流通に関する近年の研究の紹介を交えて、いくつかの問題提起をしました(つもりです)。三宅さんや、参加された方々から色んなご指摘をいただき、参考になりました。

今後もこのような機会があれば、積極的に参加したいと思います。また、新潟大学の方々から報告書などをたくさん頂戴しました。ありがとうございました。

年度が替わっても、私の所属は変わりません(新たに一箇所非常勤で行きます)。来年度も宜しくお願いいたします。

488621309X中国の埋められた銭貨 (世界の考古学)
三宅 俊彦
同成社 2005-01

by G-Tools

« 小丸山城跡・長齢寺 | トップページ | 七尾城跡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/57076958

この記事へのトラックバック一覧です: 「東ユーラシアの出土銭」コメント:

« 小丸山城跡・長齢寺 | トップページ | 七尾城跡 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazon

最近のトラックバック