記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 四国初のサマーセミナーへ | トップページ | 久々の研究報告予告 »

2013.08.30

松前(福山)城跡

Matsumae_10Matsumae_2上ノ国から一時間ほど南下すると松前へ。その中心にある松前(福山)城跡です。国史跡。

北海道(蝦夷島)の渡島半島にいつ頃日本人(和人)が居住するようになったかについては、はっきりと年代が確定しているわけではないようですが、14~15世紀には生活の痕跡が発掘されているようで、本格的には中世後期に移住が始まったようです。そのうち出羽の大館(現秋田県大館市)を本拠として十三湊を拠点に支配を築いていた安藤氏が南部氏との抗争に敗れ、一族が海を渡って渡島半島を本拠とするようになったと考えられています。
15世紀後半になると(下国)安藤氏は秋田へ拠点を再び移した後、松前は下国政季に与えられたと言われています。上ノ国の花沢館には蠣崎(かきざき)氏が拠りましたが、永正10年(1513)に松前をアイヌが襲ったところに乗じて蠣崎光広が松前を奪取し、本拠としました。以後は蠣崎氏が安藤氏から認められる形で支配を行ったようです。

天正18年(1590)には当時の当主・蠣崎慶広が豊臣秀吉に従い、九戸一揆にも参戦。これにより松前の支配を認められて独立した大名となりました。秀吉死後は徳川家康と関係を築き、蠣崎氏から松前氏に名字を改め、近世大名として松前を支配。アイヌとの交易・交渉窓口(「四つの口」の一つ)の役割を果たすことになりました。

天守は戦後すぐまで現存していたようですが、1949年の火事で全焼。その後地元の熱意によって復元されたそうです。天守の前にある、安政元年(1854)築の本丸御門(重要文化財)は焼失を免れたそうです。

Matsumae_17Matsumae_19この辺りも復元のようですが、北海道にあるとは思えない雰囲気ですね。

Matsumae_21Matsumae_24左写真は二の丸あたりの風景。右写真は城跡から見た町並み。江戸時代には多くの廻船が航行していたのでしょう。ここを起点に日本海を経て越前・若狭、あるいはさらに関門海峡を経て大坂まで廻船が往来していました。「北前船」と呼ばれたことは有名ですね。

Matsumae_3Matsumae_7左写真は、本丸御殿裏にある松前神社。もとは松前氏の氏神として建立された施設を期限とするようですが、近代になって地元の鎮守として現在地に築かれたそうです。

右写真は、本丸御門脇にある、旧本丸表御殿玄関。寛永年間(17世紀前半)に御殿が焼失した後、伏見城の遺構が移されたものと言われているそうです。近代になって小学校の門に転用されたそうですが、現在は城跡内に保存されています。

■北海道松前町

« 四国初のサマーセミナーへ | トップページ | 久々の研究報告予告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/58095724

この記事へのトラックバック一覧です: 松前(福山)城跡:

« 四国初のサマーセミナーへ | トップページ | 久々の研究報告予告 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon

最近のトラックバック