記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 山口(2) 瑠璃光寺 | トップページ | 【受贈】『室町期大名権力論』 »

2014.01.04

【受贈】『室町幕府と地域権力』

大薮海『室町幕府と地域権力』(吉川弘文館、2013年)受贈。ありがとうございます。私がいただいて良かったのかと少々恐縮しておりますが…。

室町期の武家権力を包括する概念として「室町幕府―守護体制」という理論が存在することはよく知られており、通説といってよい地位を占めていると言ってよいでしょう。そして地域支配においては国人領主と呼ばれた武家領主が盤踞しており、国人は幕府直属かあるいは各国の守護によって軍事力として編成されていました。
しかし本書は、地域支配を担う存在は守護や「国人」と一般に呼ばれる純粋な武家領主層以外にも存在することを重視するものであり、その典型である北畠氏を中心に、飛驒の姉小路氏や大和興福寺なども対象として地域支配の実態(修正:この部分は著者の意図を誤解している懸念があるので、「室町幕府の支配構造」に書き換えます)を分析したものです。そこで国人を含む彼ら地域領主を「知行主」と総称して把握すべきだとし、改めて中央政権たる幕府と地域領主との関係を構築すべきだと説きます。

既発表論文が中心となってはいますが、新稿も読み応えがあり、とりわけ終章において「知行主」概念の有効性を論じた箇所は頷くところが多かったです。

ただ、疑問というほどではないですが…いくつか。従来の国人という呼称は身分呼称であり、北畠氏のような存在を把握できないという批判は納得なのですが、では、これまで議論されてきた国人領主による地域支配の具体像と、新たに提唱した「知行主」によるそれとは、同様なのか、相違するのか。本書を読む限りではほぼ同様と捉えていると思われますが、それで誤解はないでしょうか。

そうだとしてそこで一つ考えるのは、その場合の「地域支配」とはそもそも実態がどうだったか、というところです。これは時期的な差異もあるので一言で表すことは難しいでしょうけれども、例えば「知行主」が「支配」する地域というのは、それは排他的な一円領(つまり「知行主」による完全な排他的支配=「領国」)と理解すべきなのか、あるいは在京領主の荘園や他の小領主などの支配地も含み込んだものだったのか。その場合、「知行主」はそのような荘園や所領とはどのような関係にあったのか。北畠氏と伊勢神宮領との関係などこの点について触れている箇所が全くないわけではないのですが、本格的に論じられてはいないと感じました。これは無い物ねだりな感が強いので、今後の議論の展開に期待したいところです。

この点が気になるのは、取りも直さず守護との関係です。「知行主」は職掌を示す用語ではなく、守護と単純に比較することはできない(むしろ本書の論旨はそこにある)ので的外れな話かもしれないのですが、例えば伊勢国では大雑把に言えば南北を分断して守護と「知行主」とが棲み分けしているという感がするものの、仮に地域支配や軍事動員をめぐって競合する場合があるとすればどういう事態が想定されるのか、といった点が気になります。この点はいくつか示唆されている部分もありますが、もう少し突っ込んだ議論を伺いたいところです。

もう一つは形式的な構成の問題なのですが、終章で有効性について論じられつつも、序章で「知行主」について触れていないのは一読者としては少し戸惑いました。第一部第一章で先行研究による「分郡主」等の有効性を批判して「知行主」を用いるとありますが、むしろ終章の議論を序章で展開することは難しかったでしょうか。
「知行主」という概念そのものに私は今のところ異論はないのですが(ブラッシュアップは必要だと思うものの)、冒頭で北畠氏を「知行主」と定義したことについてはあまり多く語られない一方、終章でその定義の有効性を論じる体裁だと、読み手によってはトートロジーに感じるかもしれません。

最後は単なる感想ですが、いずれにせよ、これを契機として従来国人と呼ばれた地域領主について、研究の進展に合わせてどのように概念規定すべきであるか、活発な議論が交わされていくことを期待します。

4642029176室町幕府と地域権力
大薮 海
吉川弘文館 2013-12-06

by G-Tools

« 山口(2) 瑠璃光寺 | トップページ | 【受贈】『室町期大名権力論』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/58882237

この記事へのトラックバック一覧です: 【受贈】『室町幕府と地域権力』:

« 山口(2) 瑠璃光寺 | トップページ | 【受贈】『室町期大名権力論』 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon

最近のトラックバック