記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 【受贈】『幕藩制成立期の社会政治史研究』 | トップページ | 臼井城跡 »

2014.07.31

【受贈】『豊臣政権の正体』

山本博文・堀新・曽根勇二編『豊臣政権の正体』(柏書房、2014年)を、執筆者のHさん・Kさん・Yさんの連名で受贈。ありがとうございます。

豊臣秀吉関係文書研究会による成果の三冊目。「ですます」体はすっかりお馴染みになりましたが、内容は専門的でありながら平易な説明が加えられていて、ある程度の知識が備わっていればスラスラ読める一冊です。
豊臣政権の権力構造や外交など様々な視角で論じられていて、いずれの論考も勉強になりました。

私の最近の関心との関連では、曽根勇二さんの「秀吉と大名・直臣の主従関係について」という論考が興味深かったです。文禄期になると豊臣政権は畿内において詳細な知行の把握に努めたようですが、一方東国平定の段階では従来の基準を知行として反映させていたとしています。最近私が発表した論考でも似たような見解を示したのですが、その見解が間違っていないようであることが確認できて安心しました。
もっとも私はまだまだ不勉強なので、より深く勉強していきたいと思います。

4760144110豊臣政権の正体
山本 博文・堀 新・曽根 勇二編
柏書房 2014-05

by G-Tools

« 【受贈】『幕藩制成立期の社会政治史研究』 | トップページ | 臼井城跡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/60072935

この記事へのトラックバック一覧です: 【受贈】『豊臣政権の正体』:

« 【受贈】『幕藩制成立期の社会政治史研究』 | トップページ | 臼井城跡 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazon

最近のトラックバック