記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015.08.30

台湾の金山遺跡

Img_8177Img_8210バカンス二回目は台湾。盆明けに行ってきました。台湾は初めてだったこともあり、台北にステイ。完全自費の旅行だったのですが、そこは興味関心に基づくと必然というか、台北近郊の金山遺跡を見てきました。

写真はそのうちの、金瓜石(きんかせき)。台湾の北東端に近い所にある金山遺跡。清代から開発が進められたようですが、大規模化したのは日本が統治するようになってから。戦後も稼働していたようですが閉山となり、現在では史跡として整備が進められています。日本的建築物も遺っており(先日の台風でかなりやられたようですが…)、所々に往時を偲ばせる遺構が遺っていました。

そのうち、右写真にあるのが、集落を見下ろす場所に建てられた金瓜石(金山)神社の跡。現在も灯籠が遺っていて、昭和12年(1937)7月の銘を確認できました。

もう一つ著名な遺跡は九份(きゅうふん)ですが、こちらは完全に観光地化していて、一応行ったもののかなり辟易して帰ってきました(笑)。寺院や坑道跡あたりは見てきましたが。

台北旅行といえばふつう「食べ歩き」、しかも夜市めぐりだと思うのですが、結局夜市へいくつか行ったものの、屋外では全く買い食いしませんでした(笑)。
最後ながら、もちろん故宮はじっくり見てきました。個人的にはあまり関心はなかったのですが、やはり「白菜」と「角煮」は人気のようで、昼過ぎは団体客の行列が伸びていました。でも夕方になると団体客もいなくなりガラガラに。じっくり見たいなら夕方がおすすめです。

2015.08.15

宗谷岬初訪問

Dohoku_11Dohoku_4つかの間の?バカンス一回目。いつかは行きたいと思っていた宗谷岬へ行ってきました。

初日は札幌に泊まり、翌朝JRで稚内へ。稚内ではレンタカーを借りて宗谷岬へ到達。予想外に蒸し暑かったのが残念でしたが、荒涼とした風景もあるなど、北海道らしい景観を十分に楽しむことができました(そしておいしいものも)。

その後は車であちこち見て回りながら、旭川まで。米作地帯の現在の北限がどこなのか個人的に関心があったので注視していたのですが、今は名寄周辺まで広がっているのですね。しかも、この地域は「米どころ」と呼ぶべきだという印象でした。昔地理で勉強した知識はもはや陳腐であることを痛感しました。

ともあれ長年の目標を一つクリアできてよかったです。最近は毎年余暇で北海道へ行っていますが、来年は避暑として研究作業をしに行きたいなという野望も…。そんな場所を確保できるかは心許ないのですが。

2015.08.08

夏休みこそ仕事

Marigayatsu_3Kururi_6もう立秋ですが、いよいよ本格的な夏休み。とはいえ、毎年のことながら、今こそ研究の貯金をするための期間でもあります。(やっぱり旅行もするのですが。)

ただ今年は来月に講演をすることになり、その準備も進めています。内容は上総(真里谷)武田氏と江戸湾の交流。もっとも「初心者」向けというコンセプトですし、私自身全くもって専門ではないので(なので本来は専門の方にやっていただくべきだと今も思っているのですが、そこは先方の事情もあり…)、先行研究をかみ砕いてなるべくわかりやすく話そうと思います。

わかりやすくとなるとビジュアルな要素があるといいだろうということで、先日は現地を案内してもらいました。猛烈に暑かったですが、現地の方のお話も伺いながらいろんな情報が得られて、何よりも私自身が勉強になりました。左写真が武田氏の本拠とされる真里谷(まりがやつ・まりやつ)城跡の主郭。

直接関係はないのですが、ついでにということで久留里城にも行きました(右写真)。麓の駐車場から急坂を数百メートル登らねばならず倒れるかと思いましたが(笑)、なにぶん初の訪問で、いい経験になりました。

講演の詳細はこちらにあります。なお、あくまで初心者向けですので(中学生にもわかる内容でとのこと)、専門家の方はご遠慮ください(笑)。まあ会場の場所が場所なので、わざわざ県外から来られる方はおられないと思いますが。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon

最近のトラックバック