記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 宗谷岬初訪問 | トップページ | サマーセミナー@福島 »

2015.08.30

台湾の金山遺跡

Img_8177Img_8210バカンス二回目は台湾。盆明けに行ってきました。台湾は初めてだったこともあり、台北にステイ。完全自費の旅行だったのですが、そこは興味関心に基づくと必然というか、台北近郊の金山遺跡を見てきました。

写真はそのうちの、金瓜石(きんかせき)。台湾の北東端に近い所にある金山遺跡。清代から開発が進められたようですが、大規模化したのは日本が統治するようになってから。戦後も稼働していたようですが閉山となり、現在では史跡として整備が進められています。日本的建築物も遺っており(先日の台風でかなりやられたようですが…)、所々に往時を偲ばせる遺構が遺っていました。

そのうち、右写真にあるのが、集落を見下ろす場所に建てられた金瓜石(金山)神社の跡。現在も灯籠が遺っていて、昭和12年(1937)7月の銘を確認できました。

もう一つ著名な遺跡は九份(きゅうふん)ですが、こちらは完全に観光地化していて、一応行ったもののかなり辟易して帰ってきました(笑)。寺院や坑道跡あたりは見てきましたが。

台北旅行といえばふつう「食べ歩き」、しかも夜市めぐりだと思うのですが、結局夜市へいくつか行ったものの、屋外では全く買い食いしませんでした(笑)。
最後ながら、もちろん故宮はじっくり見てきました。個人的にはあまり関心はなかったのですが、やはり「白菜」と「角煮」は人気のようで、昼過ぎは団体客の行列が伸びていました。でも夕方になると団体客もいなくなりガラガラに。じっくり見たいなら夕方がおすすめです。

« 宗谷岬初訪問 | トップページ | サマーセミナー@福島 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/62187338

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾の金山遺跡:

« 宗谷岬初訪問 | トップページ | サマーセミナー@福島 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon

最近のトラックバック