記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 【受贈】『松江藩の基礎的研究』 | トップページ | 【受贈】『新田一族の中世』 »

2015.09.14

【受贈】『秀吉研究の最前線』

日本史史料研究会編『秀吉研究の最前線―ここまでわかった「天下人」の実像』(歴史新書y55、洋泉社、2015年)を、執筆者のKさんより受贈。ありがとうございます。

タイトルの通り、豊臣秀吉とその政権期に焦点を当てた研究の紹介というコンセプトで編まれたもので、政治史的な内容が中心にはなりますが、機構・宗教・軍事など、様々なテーマに基づいて最新の研究状況が詳しく紹介されています。
新書でありながら、量的にも質的にもかなりのボリューム。おそらく高校生・大学生くらいだと読みこなすのは少々難しいレベルではないかと思うのですが、大学生でもこの時代を研究したいと考えている人は是非チャレンジしてもらいたいと思います。もちろん一般の方でも、この時代に興味があれば楽しく読みこなせるのではないでしょうか。

テーマによっては研究者の間で議論が分かれているものもあり、それをコンパクトにまとめるのは難しく、こうした形でそれを読むことができるのは助かります。個人的には今は検地に関心があるので、非常に手際よくまとめられていてとても参考になりました。ちなみに、(永楽)1貫=米5石とした関東の換算基準については、少々思うところがあり、いずれ分析してみたいと思っています(メカニズムは実際は単純だったと思っていますが)。

日本史の中でも比較的関心の高い時代であっても、実は研究レベルで決着していない問題はたくさんあります。だからこそ歴史を勉強することが楽しいのですが(笑)、それが少しでも実感してもらえるような一冊だと思います。

4800307104秀吉研究の最前線 (歴史新書y)
日本史史料研究会編
洋泉社 2015-08-06

by G-Tools

« 【受贈】『松江藩の基礎的研究』 | トップページ | 【受贈】『新田一族の中世』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/62282605

この記事へのトラックバック一覧です: 【受贈】『秀吉研究の最前線』:

« 【受贈】『松江藩の基礎的研究』 | トップページ | 【受贈】『新田一族の中世』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon

最近のトラックバック