記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 【受贈】『躍動する東北「海道」の武士団』 | トップページ | 半年先まで詰まる »

2015.10.14

【受贈】『戦国・織豊期朝廷の政務運営と公武関係』

神田裕理『戦国・織豊期朝廷の政務運営と公武関係』(日本史史料研究会研究選書9、日本史史料研究会、2015年)受贈。ありがとうございます。

本書のテーマは、「いまだ研究蓄積の浅い、当該期朝廷の国家の中での位置づけを明確に示すために、天皇・朝廷・公家衆独自の政治的・国家的役割について多面的な検討を行う」(8ページ)とあり、具体的には公家衆の関わる相論の裁定や、武家権力との交流の具体的様相について検討されています。

とりわけ後半で中心となる慶長期(秀吉死後)の公武関係については、近年改めて見直すべきテーマとして注目されつつあるような気がします。記録類からの抽出や分析といった基礎作業が今後の研究の活性化に繋がることが期待されますね。

中近世移行期の公武関係は今なお議論が白熱しており、私もその成果に学びたいと思います。

« 【受贈】『躍動する東北「海道」の武士団』 | トップページ | 半年先まで詰まる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/62475392

この記事へのトラックバック一覧です: 【受贈】『戦国・織豊期朝廷の政務運営と公武関係』:

« 【受贈】『躍動する東北「海道」の武士団』 | トップページ | 半年先まで詰まる »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazon

最近のトラックバック