記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 2015年総括 | トップページ | はや二月 »

2016.01.07

新年にマレーシアへ

もう一週間経ちましたが、明けましておめでとうございます。
年々更新頻度が下がっていく一方のこのブログですが、今のところはまだ続けるつもりです(笑)。
本年も宜しくお願いします。

さて、去年は沖縄で年越しをしたのですが、今年は年明け早々からマレーシアへ行ってきました。
目的はマラッカへ行くことなのですが、クアラルンプールを拠点として、市内をくまなく見て回りました。
簡単ですが、その感想は次の通りです。

Malaysia201601_1Malaysia201601_3
クアラルンプールはとにかくどこもかしこも工事だらけ。高層ビルから道路まで、あちこちで建設工事をしています。それだけ投資が集まっているんだろうけど、その後の持続的な成長についてどういうビジョンを描いているのか気になりました。

ともあれいち旅行客としては、歩きにくいったらない。工事現場では歩道が犠牲にされるのが当たり前で、車道沿いの歩道が突然なくなったり、歩道が道路から突然それていったり、舗装も悪い。目の前に目標が見えているのに、道がなくてたどり着けないなんてことがよくありました。

しかも信号がひどい。完全に車優先で交通システムができていて、全然横断歩道の信号が青にならない。しかも横断歩道もほとんどない。なので、地元の人も観光客も全然信号も守らないし、車がビュンビュン通り過ぎるのも構わず車道を平気で横断する。でも、そうでもしないと反対側に全然渡れないので仕方がない。

公共交通は、バスはバス停がどこかすらもわからないので乗りませんでした(マラッカでは一回乗ったけど)。LRTやモノレールは、混雑しているけどふつう。空港と市内を結ぶ高速鉄道は快適。そしてこれまたひどいのが国鉄(KTM、かつてのマレー鉄道?)。本数少ない・時間通りに来ない・遅い・サービスが悪い(切符が窓口でしか買えない)等々。なので通勤時も空いていました。おまえは関西の国鉄かと。

数日いただけではありますが、総じて人々は穏やかでしたし、愛想のいい感じがしました。経済が比較的好調なのも大きいのでしょうけど(とはいえ、やはりそのひずみを実見することもある)、人に酔ってしまう東京よりも居心地がよかったです。

それにしても、またもや毎日のように道を聞かれた。どう見ても観光客にしか見えないはずなのになぜなんだろう。そんなにふてぶてしく見えるのかなあ(笑)。早口の英語でまくし立てられると、答えられないんですよ…。

Malaysia201601_2Malaysia201601
マラッカは日帰りで数時間の滞在でしたが(長時間炎天下を歩くのは不可能…)、15~16世紀の世界において最も重要な場所の一つに立てたことは感慨ひとしおでした。ただし町並みはもちろんもっと後の時代にできた風情のもので(チャイナタウンなど)、当時の雰囲気をそのまま感じることができるわけではないのですが、現地に行ってみる意義というのはあるだろうと思います。

それにしても先に書いた通り、マレーシア(の都市部)の変化はめまぐるしいです。もう数年もしたら景観がすっかり変わってしまっているかもしれません。当然ながらその時になくなるのは、歴史ある風景です。

« 2015年総括 | トップページ | はや二月 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/63021697

この記事へのトラックバック一覧です: 新年にマレーシアへ:

« 2015年総括 | トップページ | はや二月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazon

最近のトラックバック