記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 【受贈】『秀吉の虚像と実像』 | トップページ | 北海道のサマーセミナー »

2016.08.20

【受贈】『戦国大名武田氏の戦争と内政』

鈴木将典『戦国大名武田氏の戦争と内政』(星海社新書86、星海社発行・講談社発売、2016年)受贈。ありがとうございます。

タイトルの通り、いわゆる戦国大名として16世紀に権力を確立し、結果的には滅亡に至る甲斐武田氏の通史をわかりやすく解説した内容となっています。
しかし「内政」ともあるように、武田氏の領国内における内政についても詳しく解説されており、ここに本書の大きな意義があるものと思います。具体的には検地を中心とした軍役賦課や税制の内実を具体的に説明していたり、分国法として知られる「甲州法度之次第」などの法整備の側面にも焦点を当てて詳しく説明していたりするもので、特に後半でこのような内容が中心となっていきます。
私個人も検地や税制に関心があるものの、武田氏についてはまだ不勉強だったので、本書で大いに示唆を得ることができました。

本書で示される戦国大名の性格として、領国内における紛争解決の手腕が権力の存立基盤であったという点を強調しており、これは近年の戦国大名論(領域権力論、とでもいうべきでしょうか)を踏まえた位置づけとなっています。
その中で、武田氏による徳政について取り上げている点は興味深かったです。徳政論も最近ではあまり議論されることがなくなりましたが、16世紀の徳政が持つ政治的・経済的意義について、私自身も今後考えてみたいと思いました。

前半は『勝山記』の記事を中心に組み立てた内容になっており、私自身もこの史料を通して読んでみたことがあるので、色々と議論になった記事を思い返しながら読みました。ただ、『勝山記』の分析あるいは武田氏の検地については、戦国大名論に絡んで重要な先行研究があると思うのですが、本書の参考文献には挙がっていないのはちょっと気になりました。(叙述の都合だろうと思います。)
それはともかく、現在の戦国大名像を武田氏からみるとどうなるかが、本書を読んでクリアに理解することができました。
最後にどうでもいい話なのですが、この新書のシリーズは講談社発売になっているのですね。初めて知りました。

4061385909戦国大名武田氏の戦争と内政 (星海社新書)
鈴木 将典
講談社 2016-07-26

by G-Tools

« 【受贈】『秀吉の虚像と実像』 | トップページ | 北海道のサマーセミナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/64086644

この記事へのトラックバック一覧です: 【受贈】『戦国大名武田氏の戦争と内政』:

« 【受贈】『秀吉の虚像と実像』 | トップページ | 北海道のサマーセミナー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon

最近のトラックバック