記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017.07.23

【受贈】『今川氏研究の最前線』

日本史史料研究会監修・大石泰史編『今川氏研究の最前線―ここまでわかった「東海の大大名」の実像』(歴史新書y71、洋泉社、2017年)を、執筆者のKさんより受贈。ありがとうございます。

今年の大河ドラマと深く関わる戦国大名今川氏をテーマとしたものであることは言うまでもないことですが、現時点での今川氏の研究成果について解説する内容となっています。

本書の冒頭にもあるように、今川氏は戦国大名としては滅亡した経緯がよく知られているため、どちらかというと地味というか、世間ではあまり注目されない一族であるような印象がします。
ところが、戦国大名研究においては、むしろ長らく戦国大名の典型の一つとして多くの研究成果が蓄積されてきました。中でも今川氏親が制定した「今川仮名目録」と、後に今川義元が追加した条々は、戦国大名によるいわゆる「分国法」の制定の代表例として著名ですし、その内容も極めて重要なものとして高く評価されてきました。

このほか、東海地域の戦国大名として君臨した歴史を持っているため、言うまでもなく織田信長や徳川家康、そして彼らの被官となる国衆たちなど、江戸時代にかけて領主として生き残った多くの一族の歴史にも大きな影響を与える大名でもありました。(その代表の一つが井伊氏なわけですが。)
そんな今川氏が大名としていったい何をしたのかについて、これまでの研究成果を踏まえながら、多岐にわたって具体的に説明が施されています。

ただ、率直に言うと、内容はかなり高度で、この時代に対するかなりの興味あるいは知識がないと、すべてを読みこなすことは難しいように思います。さしずめ日本中世史を専攻する学部生レベルといったところでしょうか。初めて興味を持った初学者クラスでは、歯が立たないかもしれません。もっとも、そのため読み応えは十分ですので、チャレンジする人がたくさん出て欲しいと思います。

4800312639今川氏研究の最前線 (歴史新書y)
日本史史料研究会監修・大石 泰史編
洋泉社 2017-06-02

by G-Tools

2017.07.14

【受贈】『織豊期研究の現在』

織豊期研究会編『織豊期研究の現在〈いま〉』(岩田書院、2017年)を、執筆者のMさんより受贈。ありがとうございます。

名古屋を中心に活動する織豊期研究会が発足して20年を記念して編集されたもので、元は記念のシンポジウムをベースとしています。私も当日は出席したので、当時の報告や議論が(断片的ではありますが)蘇ってきました。

織豊期という時代区分は今では一般的ですが、当会の活動がその認知の拡大に大きく寄与したといえるでしょうか。中世と近世の狭間にあり、そのため業界のニッチになりがちだった時代だったような印象がありましたけれども、今や活発な議論が交わされていて(私もその末席を汚していますが)、そこに果たした当会の役割の大きさを改めて認識します。

本書での議論も多彩で、織豊期研究の広がりを実感することができますが、長らく議論されてきた積年の課題の中には、いまだ決着をみない論点もあり、それも浮き彫りしている感もしました。私がそれに貢献できる自信はありませんが、本書より多くの示唆を得て自分なりにがんばっていきたいところです。

4866029951織豊期研究の現在(いま)
織豊期研究会編
岩田書院 2017-06-01

by G-Tools

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazon

最近のトラックバック