記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017.09.16

リスボンでの学会報告

Lisbon_1Lisbon_28月末から9月初めにかけて、EAJS(ヨーロッパ日本研究協会)の国際学会のため、リスボンへ行ってきました。応募したパネルが幸運にも採択されました。

報告は日本語でもokということで気軽な気持ちでいたのですが、諸々の事情により結果的に英語で報告することになり(討論は結局日本語にしてもらいましたが)、私の報告はしどろもどろに(笑)。とはいえ、聴衆のみなさんからは意を汲んだ質問をいただいて、少しほっとしました。私の語学力はまだまだ初心者のレベルで、忸怩たる思いです。

学会では様々なイベントも用意されており、この辺りは日本の学会とは違った雰囲気を体感できました(その分、参加費が高いのではありますが)。合間を縫ってリスボンやその周辺の史跡も巡見し、満足した“出張”になりました。

国際学会(英語)での報告はこれで2回目ですが、まだまだ修行が足りません。それとともに、そろそろ英語で原稿を書く必要があるだろうなあ(名刺代わりとして)と思うものの、それを可能とする実力を身につけるための努力はまだまだこれからです…。

それにしても、リスボンは素晴らしい所でした。ヨーロッパやアメリカなどからバカンスに訪れる人が多いのもわかります。晴れると暑いものの、湿度が低くて過ごしやすかったです。坂がきつくて歩き回ると結構疲れますが。

2017.09.09

【受贈】『琉球史料学の船出』

黒嶋敏・屋良健一郎編『琉球史料学の船出―いま、歴史情報の海へ』(勉誠出版、2017年)を、編者の黒嶋さんのほか、執筆者のHさん・Sさんの連名で受贈。ありがとうございます。

近年では化学分析も積極的に採り入れつつ、文書の形態や物質的側面からその背景を探る研究が深まっており、それによって新たな知見が得られるようになってきました。ただし琉球関係史料についての分析はまだ始まったばかりといえ、本書がその起爆剤になる研究ということになるのでしょう。

必ずしも琉球に直接関わらない論考もありますが、多くの発給文書自体のみならず、覚書などの記録類(二次史料)や、外交文書の綿密な分析などは、文書を扱う際の知見を多く与えてくれるものでした。私自身はむしろこの方面には疎いというか無頓着なので、自らを戒めたいところです。

示唆的な見解はいくつもあったのですが、黒嶋さんによる島津氏が発給した琉球渡海朱印状の分析の中で、島津氏が発給主体を組織(役職)ではなく個々の人格に求めようとしたとし(発給者の署名を要求したことから)、「国王や三司官という地位・組織によって文書を出している琉球と、当主や老中という個々の人格による俗人的(かわと注:属人的?)な支配関係を前提とする島津氏側(日本側)の、認識のズレを示すものとして興味深い」(322ページ)とする点は、私も興味深いところでした。

4585221751琉球史料学の船出―いま、歴史情報の海へ
黒嶋 敏・屋良 健一郎編
勉誠出版 2017-05-25

by G-Tools

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazon

最近のトラックバック