記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017.10.13

【受贈】『信長研究の最前線2』

日本史史料研究会監修・渡邊大門編『信長研究の最前線2―まだまだ未解明な「革新者」の実像』(歴史新書y73、洋泉社、2017年)を、執筆者のKさんより受贈。ありがとうございます。

タイトルを見れば瞭然ですが、織田信長をめぐる近年の研究動向を一般向けに解説するもので、好評だったのでしょうか、第二弾として出されました。
前半は上洛以前の信長をめぐる情勢についての内容が多くなっています。史料的制約が大きく、上洛後に比べるとわからないことが多い時期ですが、その中で当時の信長をめぐる地域事情や、信長の行動の背景などについて詳しく解説されており、勉強になりました。

後半は、上洛後に構築した権力の在り方についてや、イエズス会宣教師、商人との関係などについて触れられたものが多くなっています。この辺りは私の関心に近いものも多く、興味深く拝読しました。中でも、『今井宗久書札留』に再び注目が集まっているのでしょうか、堺商人と信長との関係について、単なる経済的側面のみならず、当時の政治動向との関わりを重視する内容に関心を持ちました。

すべての内容を紹介できませんが、読み応えのある一冊となっています。初心者向けとは言えないかもしれませんが、信長に興味のある人に広く読まれることを期待します。

4800313066信長研究の最前線2 (歴史新書y)
日本史史料研究会監修・渡邊 大門編
洋泉社 2017-08-03

by G-Tools

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazon

最近のトラックバック