記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 【受贈】『鎌倉を読み解く』 | トップページ | 【受贈】『上杉謙信』 »

2018.01.28

【受贈】『兵農分離はあったのか』

平井上総『兵農分離はあったのか』(平凡社、2017年)受贈。ありがとうございます。

内容はタイトルそのものずばりですが、戦後歴史学の最大のテーマの一つである「兵農分離」の実像について、先行研究や史料を駆使しながら再検証を行っています。

結論は読んでのお楽しみというか、ある程度想像はできるとは思いますが、とはいえ単に「兵農分離はなかった」ということにはなっていません。読後の感想としては、私は分析と結論にほぼ同感といったところ。

兵農分離は、戦後歴史学において(近世史の側から)強調された中世と近世の断絶の象徴として強調されたキーワードだったわけですが、それは当時におけるグランドセオリー(唯物史観)との関わりにおいていわば観念的にクローズアップされたもので、必ずしも実像を慎重に判断したものではありませんでした。もちろんその批判は主に中世史の側からすぐさま呈示され、長らく論争になってきた経緯があることはよく知られています、というか、日本史学を勉強すると必ず知る話でしょう。

本書はそれらの批判について丁寧に整理した上で、観念的な兵農分離論を批判する論旨となっており、史料の引用も多いですが現代語訳もあって読みやすくなっています。この後しばらく、本書が議論の到達点として参照されるべきものと思います。

なお、日本経済史については、時々愚痴を言っているように(笑)、いまなお事実上の歴史のスタートが「太閤検地」になっています。これまた兵農分離と同様の問題を抱えているわけですが、私にはまだ力無く、なかなか変化が起きませんけれども、本書に勇気づけられて地道に頑張っていきたいと思いました。

4582477348兵農分離はあったのか (中世から近世へ)
平井 上総
平凡社 2017-09-27

by G-Tools

« 【受贈】『鎌倉を読み解く』 | トップページ | 【受贈】『上杉謙信』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/66331261

この記事へのトラックバック一覧です: 【受贈】『兵農分離はあったのか』:

« 【受贈】『鎌倉を読み解く』 | トップページ | 【受贈】『上杉謙信』 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon

最近のトラックバック