記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 2018年謹賀新年 | トップページ | 【受贈】『兵農分離はあったのか』 »

2018.01.13

【受贈】『鎌倉を読み解く』

秋山哲雄『鎌倉を読み解く―中世都市の内と外』(勉誠出版、2017年)受贈。ありがとうございます。
内容は鎌倉時代における鎌倉の都市としての性格を論じたもので、論文集のため史料を引用しながら論じる専門的なものとなっていますが、詳しく説明がされていて、専門家でなくとも読みこなせるのではないかと思います。

鎌倉幕府のお膝元としての鎌倉を論じるものであるため、当時の鎌倉の都市空間の在り方は政治状況との関わりが当然ながら濃厚であるため、単なる都市史にとどまらず、鎌倉時代の政治・社会・宗教などと深く関わる内容になっており、大いに示唆を得ることができました。

ただ、やはり都市鎌倉を「読み解く」という主題にあるように、鎌倉の都市としての構造が考古学・人類学などの様々な分野の成果を採り入れながら緻密に分析されていて、鎌倉の歴史を知る上で重要な一冊になるだろうと思いました。

鎌倉は歴史都市として多くの観光客が訪れていますが、一般的な観光地(鶴岡八幡宮など)に飽き足らないコアな町歩きをしてみたい場合には、本書を片手に歩いてみると、違った側面を知ることができるように思います。最近では永福寺の復元が進んでいるようですが、本書で永福寺建立の経緯や伽藍の構成について、通説を詳しく検証しており、現地でそれを想像しながら見てみたいものです。(私は復元してからは行っていないもので…。)

鎌倉にはしばらく行っていませんが、本書を一読して、今一度歩いてみたいと思いました。
個人的な関わりでいえば、2009年に報告をお願いした歴研大会のことを懐かしく思い出しました。

4585221948鎌倉を読み解く―中世都市の内と外
秋山 哲雄
勉誠出版 2017-10-31

by G-Tools

« 2018年謹賀新年 | トップページ | 【受贈】『兵農分離はあったのか』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/66273812

この記事へのトラックバック一覧です: 【受贈】『鎌倉を読み解く』:

« 2018年謹賀新年 | トップページ | 【受贈】『兵農分離はあったのか』 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazon

最近のトラックバック