« 下総国分寺・国分尼寺跡 | トップページ | 【受贈】『陰謀の日本中世史』 »

2018.09.21

【受贈】『鎌倉府の支配と権力』

植田真平『鎌倉府の支配と権力』(校倉書房、2018年)受贈。ありがとうございます。
本書は博論をもとに出版したもので、表題の通り、14~15世紀において東国で政権を築いた鎌倉府の経緯について詳細に検討しながら、その構造や特質について分析するものです。

当該研究は戦前以来注目されてきたわけですが、対象とする時代の歴史的位置づけや権力像というのはやはりそれぞれの時代の研究者によって評価が変わってくるものです。ですから、同じ史料の分析であっても、時代によってその評価が変わることは往々にしてあります(歴史学としては常識ですが)。そういうわけで、本書を読み通せば、現時点での日本中世における「東国政権」がどのような権力体として評価されているかについて、深く理解する一助となるでしょう。

本書は二部構成になっていて、著者の意図と一致しているかは心許ないですが、以下のようにそれぞれの位置づけを理解しました。
第一部は、観応の擾乱の時期から通史的に鎌倉府の歴史を掘り起こしつつ、その経緯を見ることによって鎌倉府が権力体としてどのように形成されたか、そしてどのように変容したか、またそれぞれの時期における鎌倉府の特質がどんなものか、という諸点を浮き彫りにしようとしています。
第二部は、時間軸でみる第一部とは異なり、鎌倉府という組織体の内部構造について、そこに集う人々の役割、あるいは人選や、行使する権力の具体像(何ができて何ができないのか、など)、また支配の客体たる地域社会との関係などが議論されます。

いずれも政治史の王道といった視点ですが、先にも触れた通り、(素朴な実証主義に固執しない限りにおいては)研究者個々の置かれた時代に応じて権力に対する評価は変わるわけなので、本書を評価する対象とすべきなは、問題設定の独創性そのものではなく、著者の示す権力像の妥当性にあるでしょう。

私は直接専門とはしないので深掘りして墓穴となるのを怖れますが(笑)、一つ論点を挙げるならば、中世史では現在においても重要な視点とされる、「地域社会」というキーワードでしょうか。権力論というと一握りの為政者の動向を注視することは避けられないわけですが(それが悪いとは言わない)、その支配の対象となる社会の動向をどのように捉えるのかについては、論者のそれに対する興味の大きさが言及の度合いに大きく左右してきます。
本書での著者の態度は、比較的興味は大きいものと位置づけられると思います。もっとも、地域社会は権力に対してあくまで受け身的とみるか、逆に権力に対する強い意志で臨んだとみるのか。これらの問題関心は戦後の中世史の根幹となる議論ではあるのも確かです。しかし、繰り返しになりますが、現在における評価はかつてと同じとは限りません。そこを探り当てることは、本書を読む上での愉しみの一つなのかもしれません。それについては、是非直接御覧になっていただきたく…。

ごく直近では、中世関東の政治史関連は研究が非常に活発で、著作も大量に出版されておりなかなか追跡が難しい状況なのですが、著者はその中心の一人でもあり、そのなかで本書以後はどのように論を展開していくのか期待しましょう。

4751747908鎌倉府の支配と権力 (歴史科学叢書)
植田 真平
校倉書房 2018-03-01

by G-Tools

« 下総国分寺・国分尼寺跡 | トップページ | 【受贈】『陰謀の日本中世史』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【受贈】『鎌倉府の支配と権力』:

« 下総国分寺・国分尼寺跡 | トップページ | 【受贈】『陰謀の日本中世史』 »