« 【受贈】『鎌倉府の支配と権力』 | トップページ | 忙殺 »

2018.09.29

【受贈】『陰謀の日本中世史』

呉座勇一『陰謀の日本中世史』(角川新書196、KADOKAWA、2018年)受贈。ありがとうございます。

今更小評を加える必要がないでしょうね(笑)。発売当初から話題となり、二冊続けてのベストセラー。「俗説一蹴」という言葉がやや刺戟的ですが、十分な自信に基づいた内容といえるもので、読み応えのある内容となっています。

日本中世において「陰謀」説がしばしばささやかれるいくつかの有名な事件を取り上げ、その顛末にまつわる諸説を紹介しながら、それらの多くを批判的に検討するというスタイルです。「陰謀」説といえば定番の本能寺の変をはじめ、源平合戦についても詳しく取り上げていますが、単に「俗説」とすべき内容の批判のみならず、研究者の間で論争になっている事柄についても言及している点が特徴的です。

本能寺の変については、著者は繰り返し様々な「陰謀」説を批判していますが、そこは長年の蓄積というか、要するに売れるので(笑)、なかなか払拭できませんね。最近ではまたぞろ「イエズス会陰謀説」が息を吹き返そうとしているようですが、需要が有る限り消えることはないのでしょうね(…などと諦めてはいけないかもしれませんが)。

陰謀説については、いくつかのパターンに類型化しており、一々納得のできるもので勉強になりました。いずれにせよ、一時的なブームに乗ったものではなく、しっかりした筆力で丁寧に解説した内容となっているので、大学生といった若い世代を中心に広く読まれることを望みます。まあ、それはもう達成しているかもしれませんが。

陰謀の日本中世史 (角川新書)
呉座 勇一
KADOKAWA (2018-03-09)
売り上げランキング: 3,790

« 【受贈】『鎌倉府の支配と権力』 | トップページ | 忙殺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【受贈】『陰謀の日本中世史』:

« 【受贈】『鎌倉府の支配と権力』 | トップページ | 忙殺 »