« 【受贈】『図説室町幕府』 | トップページ | 【受贈】『薩摩の密偵桐野利秋』 »

2019.04.26

「みらい翻訳」を使ってみた

オンラインの翻訳サービスである「みらい翻訳」を試しに使ってみました。

私がかつて発表した原稿を翻訳にかけてみたところ、次の通りでした。

「戦国期の関東において永楽銭が特別な価値を与えられるようになったと見られる点(本稿ではこれを精銭化と呼ぶ)については、古くから認識されていた。従来は後北条氏の銭貨流通政策によって創出されたものと捉えられ、その背景に、太平洋海運による伊勢商人の深い関与も想定されている。」(拙稿「16世紀後半関東の「永楽」と永楽銭」より)

"It has long been recognized that Eiraku-sen coins were given special value in the Kanto region during the Sengoku period (This is called Seisenka in this article.). Traditionally, it was considered to have been created by the Gohojo clan's policies on currency exchange, and it is also assumed that Ise shonin (merchants in Ise) were deeply involved in the Pacific Ocean Shipping.”

これはすごい。私の英語力では、特殊用語を除けばほとんど書き直せる所がない。
文章を英語で書くことは必要なくなる時代が、もうすぐそこまで来ている気がしました。コミュニケーションのために英語を学ぶことはこれからももちろん必要なのですが。

« 【受贈】『図説室町幕府』 | トップページ | 【受贈】『薩摩の密偵桐野利秋』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【受贈】『図説室町幕府』 | トップページ | 【受贈】『薩摩の密偵桐野利秋』 »