« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019.06.24

【受贈】『鳥居強右衛門』

金子拓『鳥居強右衛門―語り継がれる武士の魂』(平凡社、2018年)受贈。ありがとうございます。

本書では、長篠合戦の際、武田方に捕縛されながら、長篠城に籠もる奥平氏の軍勢に向けて織田軍の援軍が来ることを伝え、「逆さ磔」にされたとされる人物として語り継がれている鳥居強右衛門や、「逆さ磔」をデザインにした旗(背旗)を作成し後世に伝えた落合左兵次とその子孫について検証しながら、「逆さ磔」の伝説が生まれた経緯やその後の変容を分析しています。
鳥居強右衛門は『甫庵信長記』や『三河物語』といった二次史料にみられる人物で、江戸時代初期からある程度名前を知られた人物だったようですが、出自がまったくわからない不思議な人物でもあります。なぜこのような人物が歴史に名を残したのかについても、詳しく説明されており、かつ説得的です。

その他あらゆる論証は緻密で、かつその過程をわかりやすく説明しており、内容はもとより、史料を駆使した分析の手法を学ぶためにも参考になる一冊となっているのではないかと思います。一方、長篠合戦の経緯についても最初に詳しく述べられていますが、この辺りの歴史に詳しくない人にとっては、読みこなすのは少し努力が必要かもしれません。

さて、その落合左兵次の実像をめぐる検証については、「恐るべき結論」(136頁)と自ら述べられているように、意外な結論に辿り着きます。また、「逆さ磔」として知られていますが、果たして「逆さ」だったかについても、現在に遺る旗を実際に分析して検証しています。

私はかつて科研等の調査でこの背旗について調査に立ち会わせていただいたことがあり、その時の記憶がただちに蘇ってきました。この科研では私は何も貢献が出来ずまことにお恥ずかしい限りなのですが、史料とモノに加え、伝説(由緒)の検証から新たな歴史像を解明する手法は、大いに勉強になりました。

 

鳥居強右衛門:語り継がれる武士の魂 (中世から近世へ)
金子 拓
平凡社
売り上げランキング: 477,673

2019.06.01

【受贈】『清須会議』

柴裕之『清須会議―秀吉天下取りへの調略戦』(シリーズ実像に迫る17、戎光祥出版、2018年)受贈。ありがとうございます。

タイトルは清須会議ですが、会議自体は一瞬で終わるので(笑)、本能寺の変へ至る過程から織田信雄が死去するまでの織田・豊臣政権(と江戸幕府成立後)の政治情勢について、多くの図や写真などを交えながら解説した内容となっています。わかりやすく概説的に説明がされており、かつビジュアル面で充実しているので、初学者のみならず、おおまかな政治情勢について確認したい時などに有用な一冊ではないかと思います。

このシリーズの狙いでもあると思いますが、本書に登場する城跡や史跡の写真を見ると、その地を訪ね歩いてみたくなります。関連史跡をめぐる時に携行するのもよさそうです。

清須会議 秀吉天下取りへの調略戦 (シリーズ・実像に迫る17)
柴裕之
戎光祥出版 (2018-09-27)
売り上げランキング: 471,826

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »