« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019.07.20

【受贈】『中世武士畠山重忠』

清水亮『中世武士畠山重忠―秩父平氏の嫡流』(歴史文化ライブラリー477、吉川弘文館、2018年)受贈。ありがとうございます。

 

関東を出自とする中世武士団はあまた存在していましたが、中でも中核的かつ代表的な人物である畠山重忠の伝記を中心として、中世武士団の発生と展開過程を広く概説した一冊となっています。
中世武士は在地領主とも呼ばれますが、「草深き田舎」から生まれたとするかつての理解とは異なり、中央での武官などからなる「軍事貴族」がその起源であり、彼らが関東での治安維持(反乱平定)や災害復興などに携わることによって土着し、領主となっていったことが明らかにされてきました。本書では、多くの先行研究を踏まえて、その過程を具体的に解説しています。中世武士論の入門書として最新かつ最適な内容ではないかと思います。

 

一般向けということもあり、畠山重忠ら登場人物の心情を語るような叙述にも気を配っていて、その苦労を感じました。というのも、このような叙述を一次史料から抽出することは困難であることから、校正の編纂史料に概ね頼ることになるため、個々の事例の採否の判断が簡単ではないからです。機会があるかはわかりませんが、私も同種の書籍を執筆することがあれば、参考にしたく思います。

 

中世武士 畠山重忠: 秩父平氏の嫡流 (歴史文化ライブラリー)
清水 亮
吉川弘文館
売り上げランキング: 425,475

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »