記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

2017.04.10

寧波

Ningbo_1先月、寧波へ行ってきました。大学院時代のゼミのメンバーとの間でかねてより計画していた旅で、なかなか実現できずにいたのですが、やっと実現できて感慨ひとしお。しかも私は寧波は初めてだったので、やっと念願が叶った心境でした。
ただ、行ってみるとこのように完全に都市化しています。当然といえば当然なのですが。

Ningbo_6Ningbo_5日中交流の痕跡を探して廻ったわけですが、残念ながら実見してそれとわかるようなものは遺されていません。左写真の霊橋は、川に囲まれたかつての寧波へ入る唯一の橋だったもので、その手前にある川岸が、各地からの物資を荷揚げする場所だったとされています。
留学で訪れた道元の祈念碑が近くにありますが、工事エリアになっており近づけず。

右写真は、その近くの日本人が多く居留した地に建つ境清興法寺跡の石碑。この辺りが寧波の乱の勃発地と目されています。

Ningbo_2時間が限られていたので少しだけですが、舟山にも行きました。これは舟山のごく手前にある瀝港(烈港)に建つ「平倭碑」。この辺りは、双嶼へ移る前に王直が拠点とした場所で、その鎮圧を記念して建てられたものです。石碑には多くの碑文が刻まれていましたが、ガラスで反射してまともに写せそうにないので、接写は諦めました。

Ningbo_3Ningbo_4中世の日本から留学僧が訪れた著名な二つの寺院。左は阿育王寺の開山堂。かつて、重源が周防の木材を寄進して建てられたと伝わっているもので、今のものはそうではないかもしれませんが、中に入ってみると確かに様式は東大寺大仏殿に似ている気がしました(専門じゃないので自信はないですが)。

右は天童寺。栄西も訪れた寺院ですが、道元が修行した所として知られています。日本からの曹洞宗関係の訪問者が多いらしく、境内にはその記念の品々が展示されている場所もありました。

Hangzhou寧波の後は杭州へ。こちらも時間が十分ではなく、霊隠寺の石仏を見学したり南宋時代の都市の遺跡をちょっと見たりした程度でしたので、再訪したいところです(カメラの調子も悪くなったのが残念)。写真は世界遺産の西湖。天気がいまいちでしたが、かえって水墨画のような雰囲気になってよかったかもしれません。

2017.04.03

2017年度

光陰矢の如し。春休みもあっという間に終わり、新年度となりました。

私の環境は特に変わりませんが、いろいろな形で環境の変わる方々におかれましては、新たなる前途が拓けますことをお慶び申し上げます。

昨年度は著書を出すことができたものの、その後の研究の進捗は今ひとつで、そろそろ始動したいところです。ただ、今年度は新たに勤務先の近所の某大学で1コマ受け持つこととなり、前期は講義なのでその準備も進めねばなりません。専門の話が中心になるので楽しみではあるのですが、ペースをつかむまでしばらくドタバタしそうです。

また、夏には海外で報告をする予定になっています。日本語でも可のようですが、討論者の都合上、英語で報告をすることになるかもしれません。報告自体は新しいネタを準備するというより、これまでの研究のダイジェストのような話になるので、準備はそれほど難しくないものの(報告時間は20分しかないし)、やはり討論がなあ…。英語の勉強をがんばります。

さらに、秋には国内外の貨幣史研究者の前で喋ることになっており、交流が広がることはとても楽しみなのですが、報告自体は戦々恐々(笑)。こちらも内容はダイジェストで。

とまあ、近年は講演などのような仕事が徐々に増えてきましたが、過去の貯蓄で食っていけるほどの蓄積には程遠いですので、研究活動が疎かにならないよう気を引き締めたいと思います。

新年度も宜しくお願いします。

2017.03.08

単著『中近世日本の貨幣流通秩序』を刊行しました

このたび、二冊目の単著となる『中近世日本の貨幣流通秩序』(勉誠出版、2017年)を刊行いたしました。

前著を出してから約8年が過ぎ、その後に発表した論考が増えてきましたので、最近関心のあることも新たに書き加えながら一冊にまとめることにしました。幸い勤務先からも助成を得ることができましたので、刊行する運びとなった次第です。

とはいえ、前著もそうですが、それぞれの論考は元から一冊にまとめる構想に基づいて書いたものではなく、率直にいえば当時の関心や依頼内容に基づいて個別に書いたものなので、一冊にしてどれほどのまとまりがあるのかという批判はおそらくあるでしょう。ただ、いざ一冊にまとめてみると、それなりにストーリーが描けているようにも感じていますし(感じるだけかもしれませんが(笑))、今後の課題も浮かび上がってきたと思っています。

論文集という形での単著となると、おそらく次はもう当分ないと思います(あってもリタイアした頃でしょう(笑))。そういう意味では、私の人生にとっても転機となる一冊になりそうです。
ともあれ、これまでの成果をこのように形にすることができたことは、多くの方々のご助力があってのことです。まして二冊目を出すことができたのはこの上なく光栄なことで、お世話になった方々に改めて御礼申し上げます。

なお、二冊目でもあるので、「あとがき」は比較的淡々としたものになりました(笑)。「あとがき」から読む方には物足りないと思いますが、ご容赦ください。

4585221700中近世日本の貨幣流通秩序
川戸 貴史
勉誠出版 2017-03-31

by G-Tools

2016.08.30

北海道のサマーセミナー

Ss2016_12Ss2016_36今年も中世史サマーセミナーに参加してきました。これで5年連続?回目。
そして今年はついに念願の北海道で開催とあって、万難を排して参加しました。その理由といえば、サマーセミナーなんだから涼しいところでやるべきだ!というつまらないこだわりが実現したからという小さい理由なのですが(笑)。

とはいえ、最近では若い頃のように日本とその周辺との交流に対する興味が再び高まっており、しかもなかなか学ぶ機会の少ない北方の交流に関わる内容になるとあって、非常に期待しつつ参加しました。そして、予想以上に大いに学んだよい機会となりました。実行委員をはじめ、関わった多くの方々に感謝申し上げます。

個人的にはやはり銭が気になったところでしたが、少なくとも16世紀までは、アイヌはやはり銭を貨幣として認識していなかったようで、でありながら北方経由で銭が入ってくることが興味深いところです(装飾品としての需要があったためとするのが有力のようですが)。私自身オリジナルな分析はできませんが、多くの研究に学んで今後も考えていきたいと思います。

酒も食もさすが北海道というか、短い期間でしたが堪能することができました。最近北海道に行く機会が多くなったのですが、またすぐにでも行きたい(笑)。

ちなみに、左写真は厚真町の12世紀頃の遺跡発掘現場。来年にはダムの底に沈むそうです。右写真はよいち水産資料館(余市歴史民俗資料館)で展示してあった、余市で発掘された銭。

2016.05.30

歴研大会報告

半年間、意識がほぼこれに支配されていましたが、やっと終えました。
お世話になった関係するみなさんに御礼申し上げます。

報告は、ペース配分を完全に失敗してしまいました。
お聞き苦しかったと思います。なにとぞご容赦ください。

貴重な経験を今後に活かしたいと思います。
…さて、次の原稿を。

2016.02.02

はや二月

一月は一回しか記事が書けませんでした(笑)。

先週末に歴研大会の準備報告があったほか、期末試験や入試業務等々、今週末までは余裕がなく…というていたらくです。
諸々の仕事は今週で一段落ですが、それからしばらくはリフレッシュに充てたいと思います。
次の準備はそれからということで…。

放置を防ぐための中身のない記事ですが、近況報告まで。

2015.12.31

2015年総括

締切原稿に追われていたこともあって、あまり実感もないまま大晦日を迎えました。
何はともあれ、今年も無事に年越しを迎えることができてよかったです。

研究面ではそんなにさぼっていたつもりはないんですが、蓋を開けてみると、形になったものはあまり多くはありません。もっとも今年出たものは、実際には去年までにやったものなのですが。
ただ、今年は初めて海外で“英語で”報告する経験ができたのは収穫でした。これきりにせず、来年以降も機会を追い求めていきたいと思います(来春に次の計画をしていたものの、それは残念ながら実現しませんでしたが)。

また、今年書いたものが出るのはこれからですが、それらを書いたことで今後に取り組むべき課題もいくつか見えてきたので、とりあえずは相応に順調だったと思うことにします。

去年以来、今年も海外へ行くことが増えました。行けるのは今のうちという思いもあるので、来年もなるべくいろんな所を見聞したいと思っています。

そして来年は大きなイベントがあり、その準備を年明けから始めないといけません。その点では不安いっぱいですが、なんとか人前に出せるような内容に仕上げられるよう努力したいと思います。

今年も多くの方々にお世話になりました。ありがとうございました。
どうぞ良いお年を。

2015.12.14

近況と現状

はや年末となりましたが、個人的にはあまり実感もなくといったところです。
というのも、来年に向けていろんな課題が目白押しで、かつ原稿の締切が迫っていたりと、(もちろん授業などの日常もあるわけですから)なかなか落ち着きません。

そうしたなか、いくつか依頼もいただいており、とても光栄なことです。しかし現状では、当面は受諾した依頼でいっぱいいっぱいな状態です。

依頼していただくことはとてもありがたいことだと思っており(また、依頼する側になったこともあるので、経緯を想像するとなかなか断りづらいのもある)、これまで基本的には依頼を断らないようにしてきたのですが、さすがに私自身の能力では限界の状態になっており、この先半年以内のものは、これ以上引き受けるとかえってご迷惑をおかけすることになる(つまり締切までに書けないのが確実)と思います。

具体的には、来年7月までに締切の来る依頼については、基本的にお引き受けすることはもうできない状態です。
個別にいただいた依頼についてはもちろん個別に対応しますが、念のためここでお知らせしておきます。

8月以降についてはまだ何も依頼を受けておりませんので(笑)、私にできる内容であれば前向きに検討いたします。

というわけで、月末締切の原稿がまだ終わってないので、このへんで…。

2015.10.21

半年先まで詰まる

ええと、たぶんもう言ってもいいと思うので書きますが。

来年の歴研大会の中世史部会で報告します。

私はもうそんなことをして若手のチャンスを潰すトシではないと言い募ってきたのですが、担当者の熱意に抗いきれませんでした。
構想はないではないものの、実現可能性については全くの未知数。報告を落とさないようにだけはしたいと思います(笑)。ただ、「中世」という枠組みを期待される方は、がっかりされるかもしれません…。

あと個人的な重要プロジェクトも始動(これはまだ公表せず)。依頼原稿もいくつかあり、来年の夏までびっしり予定が詰まってしまいました。
その上海外報告まで入ればとなると(申請中だが未定)、果たしてこなせるのだろうか。今までの研究人生で一番ハードな時間になるかも。
これ以上校務が増えませんように(笑)。

2015.09.06

サマーセミナー@福島

Img_8353Img_8412今年も中世史サマーセミナーへ行ってきました。今年は福島ということで、宿は飯坂温泉。一度は行ってみたい温泉だったので、ありがたかったです。

初日は研究報告があり、二日目からは巡見。以前書いた論文で触れたことがある梁川へ初めて行くことができたのも収穫でした。また桑折西山城跡(右写真)にも初踏査。『塵芥集』に登場し、SさんとSさん(イニシャルは同じ)の例の対談本でも話題になったあの橋もしっかり見ることができました(笑)。

今年もお気楽な一参加者として楽しむことができましたが、それもこれも当然ながら実行委員会のスタッフのご尽力あってのことです。お世話になったみなさんありがとうございました。来年はいよいよ北海道となりましたが、(勝手に少し責任を感じて?)来年も是非参加したいと思います。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon

最近のトラックバック