記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

2009.12.06

ガクシン=生活保護

おお、そうだったのか。


…まあ、これをあげつらうのは言いがかりかもしれませんが(もっとも、「とりまとめ」で書いていることからすれば、当事者にとっては「言い得て妙」と本気で思っていると考えられますが)、なかなか世知辛い状況になってますねえ。

まあ、ごく短時間で是非を議論するという背景からすれば、そういう言い分が出るのもまったく理解できないわけでもないです。ほかの科研費はあくまで研究経費として支出している一方、学振だけは生活費を支給しているわけで、性格はほかと異なっていますからねえ。それだけみれば、「なぜ国費で生活費まで出しているのか」と訝るのも無理はない話です。

とはいうものの、採用率を考えれば、到底「生活保護」という評価にはならないとは思いますけどねえ。端的にいえば、学振に当たらないポスドクの方が割合としてははるかに多いわけで、ポスドクの生活保護という性格で捉えるならば学振はまったく不十分な制度という評価になるはずです。

こういう評価を受けたのは文科省にも問題があって、「事業仕分け」に際して提出した資料を見るに、DCは採用率を記載していましたが、PDは記載していませんでした。そこが誤解を生んだ原因でしょう(ただ、PDにはたぶんCOE枠も含まれているので、単純に採用率を提示できなかったのかもしれませんが)。

もちろん利害関係者としては、単純に予算を減額するということに対しては承諾しがたいです。とはいえ、どれだけ研究成果を生み出しているかという点での「費用対効果」を検証せよという言い分ももっともという気もします。単にお役所だけではなく、研究者としてもこの辺が課題といえば課題だなあとは思いました。


ただし、とりわけ納得できない意見があります。「過去の政策のつけであるから少しずつ減らしていくしかない」というもの。誰が言ったのかはわかりませんが、これはあんまりでしょう。過去の政策のツケを払うのは政府(=国民全体)であって、ポスドクだけではないはずです(年金や医療に関する議論をみよ)。これだけは撤回していただきたいと思います。
もう一つは、「実社会から逃避して、大学に留まる人をいたずらに増やしてしまう」という意見。これも誰が言ったのかはわかりませんが、「実社会」って何ですか? 大学は「実社会」ではないんですか? もしかして、サラリーマン的な働き方だけが「実社会」って思ってますか? 多様な社会が尊重されるべきという風潮のなか、こんな偏狭な発言がフォーマルな場でまかり通るのには驚きです。


最近話題のネタですが、私はもろに利害関係者なので、話題として取り上げることに逡巡していたのですが、「+酒」で(笑)、とりあえずつらつらと思うがままに。
ともあれ、これからどうなるか注視したいところです。そして、最近はすっかり腰の重くなった学界も、これからどうすべきか考えてゆかねばならないように思いますね…(この辺は、今の私からはあまり踏み込んだことは言えないので(笑)、まあこんなところで)。

★参考資料(メモとして)
文科省の「事業仕分け」意見募集サイト
「事業仕分け」評価コメント
「事業仕分け」に関する署名のお願い by 京都大学文化人類学若手研究者有志

2009.02.10

トフティーさん釈放

大きなニュースにはなりませんが、NHKでは取り上げていました(新聞記事はこちらなど)。

こういうことがあると、権力とはいったい何なのか。考えさせられます。
少なくとも、歴史学に不寛容な国家は国家として未熟か、もしくは失格だと思います。

まだ自由を得たとは言えないようですが、一刻も早く思う存分研究に取り組める環境が回復されるよう願っています。

なお、詳しくはこちらをどうぞ。

2008.12.11

最後の砦も

いよいよJR東もホーム禁煙ですか…。

ついにという感もありますが、これで運賃の高いJR沿線に住むインセンティブも無くなったなあ(あとあるのは終電が遅いことぐらいしか…いやそれは重要か(笑))。

時代の流れと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、それなら不平等税制の極みである国鉄の借金返済分くらいは値下げしろとは言いたくなりますわ。
増税するならたばこから、という安易な議論がまたぞろあったりして、喫煙者としては肩身が狭い限りです(笑)。ほんとはすでにたくさん税金納めているから感謝されてもいいのに。

ま、全部ひがみです(笑)。吸わない人に迷惑かけてる部分があるのも確かだしなあ。喫煙者からみても、マナーのカケラもない輩を見ると腹立ちますしねえ。

各紙が今回の話を「分煙」の徹底と書いているのは、語弊があるんじゃないかな? 棲み分けようなんて発想はもはや崩壊した段階のように思いますが。

2008.09.27

単一民族幻想

なぜか職務とは無関係な国交相が発言して物議を醸していますが(ま、この人の文科相時代の言動を考えればさもありなんって感じですけど)、総理大臣閣下もこういう発言してるので、全然驚きません。
この辺の閣内の意思統一は完璧というべきでしょう(笑)。

2008.09.15

ガイシ神話崩壊

「祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響あり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理(ことはり)をあらはす。おごれる人も久しからず。唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。遠く異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の周伊、唐の禄山、是等は皆、旧主先皇の政にもしたがはず、楽みをきはめ、諫をもおもひいれず、天下のみだれむ事をさとらずして、民間の愁る所をしらざしかば、久しからずして、亡じにし者ども也。」


有名な『平家物語』の冒頭の一節ですが、私はこれがどんな歴史書よりも優れた普遍的叙述だと思っております(事例として挙げられた人々が実際に「暴君」だったかどうかはともかく)。

日本は政治も経済も「USA依存」が習い性になってますが、少なくとも経済面では嫌が追うにも「自立」せねばならない時期がやってきたかもしれません。豪華客船に乗っていたつもりが、タイタニック号よろしく轟沈したわけで、しばらくは騒がしくなりそうですね。
少なくとも、これで「ガイシ」神話は終焉といったところでしょうか。就職先の希望で「ガイシ」が羨望された時代が「春の夜の夢」のようです。ほんの数年前だったはずですが。

2007.09.26

「教育再生」のゆくえ

このところ政治方面ではいろいろありましたが、気になるのは「教育再生」(ってか、教育がいつ死んだのかよくわかりませんが)問題。このところなんだかやや迷走気味ですが、頭目が変わってこれからどうなるんでしょうかねえ。

ちなみに、ここ数年、ドクターの入学者数がかなり減っている傾向にあるようです。大学によっては、定員を大幅に下回っているところもあります(かくいう私の所属大学も…)。いわゆる「重点化」で大学院の定員増がなされたわけですが、当然ながらその先の将来が不透明なため、一般企業への就職状況の好転も相まって思いっきり大学院が敬遠されはじめています。
このような傾向は、個々の将来設計を考えれば、当たり前の話です。引く手あまたの就職先を蹴ってまで、職が得られるかどうかわからない(しかも経済負担も大きい)大学院進学を選択する余地は、よほどの覚悟が無いとまずあり得ない選択です。

そこで問題なのは、本当は研究を目指したいのに、進学を断念する人が増加することです。おそらく既にそういう人は少なくないでしょう。事実、私のまわりにも居ます。
その結果、このままでは、とりわけあまり存在意義に対する理解の進んでいない文系は、研究人口の減少が今後深刻になる可能性が出てきます。そうすれば「ポスドク」問題の自然解消に向かうではないか、という考えもあるでしょうけれども、やはり研究の進歩という観点からすれば、そんなに楽観できる話でもないように思います。研究人口の減少が進めば、今後いろんな面で弊害が出てくる可能性があります。

といっても、ドクター進学については、なかなか勧められないのも現実なわけで…(笑)。

「教育再生会議」は、これから大学・大学院の将来について議論する段取りになっていたかと思います。個人的には、イデオロギー先行が目立つこの会議そのものにあまり期待するものは無いのですが、世間に対する影響力は大きいので、今後の議論の展開によっては大学院の諸問題が輿論の俎上に登ることを少しは期待していたものの…。それすら期待薄となってきたわけですが、はてさてどうなるでしょうか。

現在の「ポスドク」問題も重要ですが(私はそのまっただ中にいるわけで…(笑))、その後、研究分野によっては深刻な「後継者不足」が予想される事態になりつつあります。これからはそこまで見据えた議論もする必要があるようにも…と感じている次第です。

2007.04.24

そこのけそこのけ「改革」が通る

政府の教育再生会議は23日午前、第3分科会(教育再生)を首相官邸で開き、大学・大学院改革について、国立大学の大学院生に占める同大学の学部出身者(内部進学者)を最大3割程度に抑えることなどを柱とする素案を大筋で了承した。
―http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070423it02.htmより引用


これって憲法違反じゃないの?
しかしまぁこの手の発想は相変わらずやね。で、今までの「改革」で少しは「活性化」したんですかね?

2007.02.19

独裁者リスト

おそらくあまり日本人には馴染みのない(お恥ずかしいことに私も知らなかったのですが…)、この前亡くなったトルクメニスタンのニヤゾフ大統領、びっくりするぐらいの独裁者ぶりだったようですねえ。我々には近隣の国の人についてはよく情報が入ってくるわけですが、少し離れると極端に情報をほとんど耳にしなくなってしまうので、同時代に生きながら、意識しないと知らないままで終わってしまうものがいかに多いかを感じます。

"Parade"っていう雑誌があるそうですが、そこで毎年「独裁者リスト」ってのを作ってるそうです。
今年のリストはこちら

1) Omar al-Bashir, Sudan
2) Kim Jong-il, North Korea
3) Sayyid Ali KhamEnei, Iran
4) Hu Jintao, China
5) King Abdullah, Saudi Arabia
6) Than Shwe, Burma (Myanmar)
7) Robert Mugabe, Zimbabwe
8) Islam Karimov, Uzbekistan
9) Muammar al-Qaddafi, Libya
10) Bashar al-Assad, Syria
11) Teodoro Obiang Nguema, Equatorial Guinea
12) King Mswati III, Swaziland
13) Isayas Afewerki, Eritrea
14) Aleksandr Lukashenko, Belarus
15) Pervez Musharraf, Pakistan
16) Choummaly Sayasone, Laos
17) Meles Zenawi, Ethiopia
18) Hosni Mubarak, Egypt
19) Paul Biya, Cameroon
20) Vladimir Putin, Russia

皆さんどれぐらいご存じでしょう? かつては、ニヤゾフ氏も当然ながら常連だったみたいです。
キューバのカストロ議長はもう入ってないんですね。
ただ、このランキング、アメリカの雑誌によるものであるということを意識する必要がありますが。それにしても中国の嫌われっぷりは相変わらずですね…(笑)。

2006.12.29

15世紀的状況?

社会の安定によるバブル絶頂→政治不安と世情不安で景気縮小→既得権者の財政悪化→構造改革→格差拡大(今ここ)→貧困層の暴動→政権上層へ拡大→内乱→地方の独立政権化

あくまでこじつけですが、今と似てる気がしてきました(笑)。

15世紀の日本は、足利義満の政治的卓越性と積極的な対外交易の推進で、まさにバブル絶頂と言って良い形で迎えました。しかし義満の死によって足利義持が政権を握ると、その個人的偏執性もあってか中国(明)と断交、関東とも険悪化。おおむねバブルの余韻に浸る治世でしたが、関東の内紛にも足を引っ張られて、徐々に退勢化。
そんな中、社会基盤であった荘園制が制度疲労で衰退期に入り、領主層の財政悪化。そこで取った切り札が「代官請負」。守護(およびその被官)のみならず、果ては商人にまで年貢徴収を請け負わせるようになる。まさに「民間にできることは民間に」(笑)。
基本的に当時の為政者は経済政策に無関心で、実質的には民間が好き放題にやっていた結果、15世紀半ば頃になると、有徳人と呼ばれた富裕層が増加する一方、貧困層の増加が徒党化を招き、頻繁に暴徒化してゆく。これは実質的には地域の小領主層(中間管理職?)が煽動しており、中央の派閥対立に乗じて上層を巻き込んで、結果的に内乱(応仁の乱)を招きました。その後は、中央政権の国家的統制力はほとんど喪失してしまい、各地で排他的な権力が乱立し、100年にわたって紛争を繰り返すことになります。

当時の歴史はもちろんこんなに単純なものではありませんが、おおまかな流れとしては、こんな感じかなぁ、と。現代の政治的状況にあえて似せてエピソードを選んだ向きもありますが(そういう意味で「こじつけ」)、安定的な経済状況からやや退勢的な状況になると、極端な保守層と極端な革新層(というか、革命主義)の二極分化になりがちなことは、わりと超時代的に見られることかもしれないなぁ…という気がします。となると、15世紀後半は、そのような状況が結果的に内乱を招来した格好に見えなくもない…。

もっとも、当時においては武力を使ってでも「自分の財産は自分で守る」(自力救済)のが当たり前で、人々の国家権力への依存度は相対的に低かった点で今とは違うわけですが、今の年金問題を見ると、着実に国家に対する不信感が拡大しているわけでして、そこからすると、「500年以上も昔の話をされても」と一笑に付すわけにもいかないかも。
もちろん現代人は国家によって手厚い保護が加えられている一方、当時の人々とは違って、自力救済の手段がほとんど与えられていないとも言えるわけで、さすがにただちに暴徒化するとは思えませんが。ま、さしずめ今は「刀」ではなくて「投票用紙」ですかねえ。一つ言える事は、庶民を敵に回した政権は、長生きできないってことでしょうか。

気が向かない限り(笑)、年内の書き込みはこれでおしまいです。みなさん良いお年を。

2006.12.15

教育基本法改正

いよいよ成立したそうで…。とりあえず備忘記録。

論点はいろいろあれど、やっぱり国家権力の誤謬可能性を否定したのが気にかかるなぁ。これからは性悪説に立つべしという論調が席巻している中、国家権力に対してのみ極端な性善説に立っていいのかどうか…。
私は心配性なのかもしれませんが。

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Amazon

最近のトラックバック