記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

2017.01.01

謹賀新年2017

歳を取ると早く感じるとは言いますが、節目が来るといつも時の過ぎるのを早く感じます。

昨年中は多方面でいろんな方々にお世話になりました。本年も宜しくお願いいたします。
昨年は歴研大会報告をするなど、特に前半は慌ただしく過ごしましたが、今年は特に大きなイベントもなく、比較的じっくりと課題に取り組むような一年になりそうです(今のところは)。

実は、昨年中に単著を一冊出す予定だったのですが、入稿が遅れてしまい間に合いませんでした。
ただ、現在校正中で近々校了となる見込みなので、近いうちに刊行できそうです。
それを機に、次のステップに向けて熟考していきたいと思います。
あとは、息抜きも忘れないようにしたいと思います。

年々ここに書き込む頻度が下がっていますが、引き続き宜しくお願いします。

2016.08.30

北海道のサマーセミナー

Ss2016_12Ss2016_36今年も中世史サマーセミナーに参加してきました。これで5年連続?回目。
そして今年はついに念願の北海道で開催とあって、万難を排して参加しました。その理由といえば、サマーセミナーなんだから涼しいところでやるべきだ!というつまらないこだわりが実現したからという小さい理由なのですが(笑)。

とはいえ、最近では若い頃のように日本とその周辺との交流に対する興味が再び高まっており、しかもなかなか学ぶ機会の少ない北方の交流に関わる内容になるとあって、非常に期待しつつ参加しました。そして、予想以上に大いに学んだよい機会となりました。実行委員をはじめ、関わった多くの方々に感謝申し上げます。

個人的にはやはり銭が気になったところでしたが、少なくとも16世紀までは、アイヌはやはり銭を貨幣として認識していなかったようで、でありながら北方経由で銭が入ってくることが興味深いところです(装飾品としての需要があったためとするのが有力のようですが)。私自身オリジナルな分析はできませんが、多くの研究に学んで今後も考えていきたいと思います。

酒も食もさすが北海道というか、短い期間でしたが堪能することができました。最近北海道に行く機会が多くなったのですが、またすぐにでも行きたい(笑)。

ちなみに、左写真は厚真町の12世紀頃の遺跡発掘現場。来年にはダムの底に沈むそうです。右写真はよいち水産資料館(余市歴史民俗資料館)で展示してあった、余市で発掘された銭。

2016.04.19

新たな震災

Kumamoto2012_3Kumamoto2012_74年前に行った時の熊本城の写真がありました。

月並みではありますが、被災された方々にお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興が果たされることをお祈りいたします。

こういう時に私が職業柄できることはなにか、あの地震から5年経ってもまだ五里霧中です。
さしあたり史料保全が気になる所ですが、私はちっとも貢献できていない。
私にとっては、反省する日々です。

2016.03.31

年度末につき

早くも年度末となりました。
今年度は形にできたものはなかったのですが、これから出る予定の原稿をいくつか書いたので、まあぼちぼちとといったところでしょうか。
なんといっても5月に大イベントを抱えているので、年度替わりといっても大した実感はありませんが。

私の環境自体は、新年度も変わりません。
新年度も引き続き宜しくお願いします。

2016.02.24

ドタバタ

Rome2016春休みには入ったのですが、ドタバタ続き。

半年間のご褒美として半年前から計画していたイタリアへ行くことはできましたが、結果としてドタバタに。
来月末に二回目の準備報告があるので、とりあえずそれに向けてドタバタは続きます。
報告に向けて年度末までにいくつか調査を入れないといけないのですが、果たしてこなせるかどうか。
体調を崩したらすべての計画が崩れるので、気をつけます。

2016.02.02

はや二月

一月は一回しか記事が書けませんでした(笑)。

先週末に歴研大会の準備報告があったほか、期末試験や入試業務等々、今週末までは余裕がなく…というていたらくです。
諸々の仕事は今週で一段落ですが、それからしばらくはリフレッシュに充てたいと思います。
次の準備はそれからということで…。

放置を防ぐための中身のない記事ですが、近況報告まで。

2015.12.31

2015年総括

締切原稿に追われていたこともあって、あまり実感もないまま大晦日を迎えました。
何はともあれ、今年も無事に年越しを迎えることができてよかったです。

研究面ではそんなにさぼっていたつもりはないんですが、蓋を開けてみると、形になったものはあまり多くはありません。もっとも今年出たものは、実際には去年までにやったものなのですが。
ただ、今年は初めて海外で“英語で”報告する経験ができたのは収穫でした。これきりにせず、来年以降も機会を追い求めていきたいと思います(来春に次の計画をしていたものの、それは残念ながら実現しませんでしたが)。

また、今年書いたものが出るのはこれからですが、それらを書いたことで今後に取り組むべき課題もいくつか見えてきたので、とりあえずは相応に順調だったと思うことにします。

去年以来、今年も海外へ行くことが増えました。行けるのは今のうちという思いもあるので、来年もなるべくいろんな所を見聞したいと思っています。

そして来年は大きなイベントがあり、その準備を年明けから始めないといけません。その点では不安いっぱいですが、なんとか人前に出せるような内容に仕上げられるよう努力したいと思います。

今年も多くの方々にお世話になりました。ありがとうございました。
どうぞ良いお年を。

2015.12.14

近況と現状

はや年末となりましたが、個人的にはあまり実感もなくといったところです。
というのも、来年に向けていろんな課題が目白押しで、かつ原稿の締切が迫っていたりと、(もちろん授業などの日常もあるわけですから)なかなか落ち着きません。

そうしたなか、いくつか依頼もいただいており、とても光栄なことです。しかし現状では、当面は受諾した依頼でいっぱいいっぱいな状態です。

依頼していただくことはとてもありがたいことだと思っており(また、依頼する側になったこともあるので、経緯を想像するとなかなか断りづらいのもある)、これまで基本的には依頼を断らないようにしてきたのですが、さすがに私自身の能力では限界の状態になっており、この先半年以内のものは、これ以上引き受けるとかえってご迷惑をおかけすることになる(つまり締切までに書けないのが確実)と思います。

具体的には、来年7月までに締切の来る依頼については、基本的にお引き受けすることはもうできない状態です。
個別にいただいた依頼についてはもちろん個別に対応しますが、念のためここでお知らせしておきます。

8月以降についてはまだ何も依頼を受けておりませんので(笑)、私にできる内容であれば前向きに検討いたします。

というわけで、月末締切の原稿がまだ終わってないので、このへんで…。

2015.11.04

ホームページのリニューアルへ

長らく使っていたフリーのホームページ作成ソフトのアップデートが止まったためにOSと対応しなくなり(そして代替するフリーソフトもなくなった)、それ以来ホームページは更新ができず完全に放置していたのですが、ホームページビルダーを購入して(実に16年ぶりに(笑))、ようやく更新できるようになりました。(なお、事情があってブログからはリンクを張っていません。)

それに伴い、ホームページのリニューアルをしようと思っているのですが、実のところ、SNSが主流となっている今となっては、もはや個人としてのホームページの持つ役割というのはなくなっているというのが実情かもしれません(ブログですらそうなりつつある)。現時点では、表紙だけ改装しました。

ということもあり、今後どのように使っていくべきかは全くの五里霧中です。とりあえず役目を終えた古いコンテンツはすべてトップからリンクを外しました(消してはいないので、URLがわかれば見られますが)。しかしそれに代わる新たなコンテンツの構想はまったくありません。結局、またこのまま放置するかもしれません。

しかし、私のHPはたまたまこの業界の人間としては長く続けてきたこともあり、それによって業界内では多くの方々に存在を認知していただけているようです(今でも時々「ホームページの人」と言われる(笑))。これはなかなか得がたい資産ではないかと思いますので、それを活かして何かできないかとも思っています。

もっとも私一人のアイデアでは何も浮かばないので、もし何らかのアイデアをお持ちであったり、あるいは業界における何らかの(営利目的ではない)宣伝のために活用できる方法などのお考えがあれば、是非ともご提案いただければと思います。
直接話す機会にでも、気軽におっしゃってください。お待ちしています。

2015.09.06

サマーセミナー@福島

Img_8353Img_8412今年も中世史サマーセミナーへ行ってきました。今年は福島ということで、宿は飯坂温泉。一度は行ってみたい温泉だったので、ありがたかったです。

初日は研究報告があり、二日目からは巡見。以前書いた論文で触れたことがある梁川へ初めて行くことができたのも収穫でした。また桑折西山城跡(右写真)にも初踏査。『塵芥集』に登場し、SさんとSさん(イニシャルは同じ)の例の対談本でも話題になったあの橋もしっかり見ることができました(笑)。

今年もお気楽な一参加者として楽しむことができましたが、それもこれも当然ながら実行委員会のスタッフのご尽力あってのことです。お世話になったみなさんありがとうございました。来年はいよいよ北海道となりましたが、(勝手に少し責任を感じて?)来年も是非参加したいと思います。

より以前の記事一覧

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Amazon

最近のトラックバック